医療

休日夜間にドイツの薬局(Apoteke)で薬を買った時の体験談~薬局の検索から薬を買うまでの流れを紹介~

薬局

sponsored link

こんにちは!

ドイツのデュッセルドルフで駐在妻として生活しているデュッセルママです。

ドイツ生活で休日夜間に急な体調不良になってどうしても薬局で薬を買いたい事がありました。

実は、休日夜間と休日の昼間連続で薬局に2回も行くことになったんです。

その時の体験も踏まえて当番の薬局の状況普段の薬局で薬を買う時との違いなどを紹介したいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • ドイツので初めて夜間薬局で薬を買いたいと思っている方
  • 休日や夜間の薬局でどのように薬を買うのか流れを知りたい方

休日夜間に薬局で薬を買う手順

休日夜間に薬局で買う手順としてはこうなります。

  1. 休日夜間当番の薬局を探す
  2. 薬を買う(夜間の場合)
  3. 薬を買う(昼間の場合)

 

夜間の薬局は普段と買い方も違っていました。一瞬不安になると思うのでどんな状況なのか順番に紹介していきますね!

 

休日夜間営業している当番薬局を探す

薬局

ドイツでは、24時間どこかの薬局が当番制で開いています。

休日や夜間の当番業務の事をNOTDIENST(ノートディーンスト)と言います。

調べ方は3つありますが、

私はいつも使っている当番の薬局を検索するサイト(aponet.de)で調べていきました。

ドイツの薬局はドイツ語でApoteke(アポテーケ)

実際薬局を探すときも、とにかく大きなAのマークが目印なのですぐ見つかります。

 

ココに注意

当番の薬局は朝の9時で交代します。

薬局に到着する時間を考えて薬局を選んでください。

 

夜間や休日の薬局の検索の仕方は詳しくはこちらでまとめています。

ドイツ医療体制
緊急度別|ドイツで休日深夜営業の薬局や病院を探す方法から救急車まで

ドイツ生活で一番困るのが医療の問題。 日曜日や深夜に急に体調が悪くなった時にどういった対応ができるのか、どのような対処をしたほうがいいのか? まだ生活になれていないところで起こる緊急事態!不安しかあり ...

続きを見る

 

【体験談】深夜に薬局で薬を買う

時刻は深夜3時!

急な体調不良でどうしても薬が欲しい状態になりました。

検索サイトで一番最寄りの営業している薬局をしらべて向かいます。

夜間に行くと扉は閉まり中に人がいないので一見閉まっているように見えて一瞬焦りました。

ちなみに、ドイツの店舗は真っ暗にせず閉まっているお店も少し明かりがついた状態になっている場合もあります。

夜間の薬局

ちゃんと調べたけど、やっていなかったらどうしようと少し不安になりましたが、

きちんと当番業務NOTDIENSTの掲示がありました。

当番業務の看板

 

薬局の周りをよく見渡すと、入り口横などに、緊急用のインターホンがみつかりベルを鳴らすと・・・

奥から薬剤師さんが出てきて入り口横の小さな小窓を開けてくれました。

真夜中ということもあって中には入れず、小窓からの対応。

夜間薬局の対応

この小さな窓から相談して薬を相談して購入。

服用している薬との飲み合わせなども相談できるので安心。

 

レシートをチェックすると当番業務料金として2.5€上乗せして請求されていました。

レシート①

 

【体験談】休日の昼間に薬局で薬を買う

朝になり、かかりつけの医師と連絡が取れて症状を相談。

もう一つ必要な薬を教えてもらい再度薬局へ行くことに。

連日の薬局訪問ですが、朝の9時を過ぎていたので当番の薬局は変わっています

もう一度検索サイトで当番の薬局を調べて向かいました。

昼間の場合、店舗は普段と同じように開かれていて中に入ることができました。

 

昼間の薬局

 

昨日の夜間の薬局の掲示は暗くて気が付きませんでしたが、こちらの薬局では、入り口には当番業務の料金で2.5€追加の表示が!

 

追加料金の掲示

 

こちらの薬局では、普段と同じように店内に入って薬を買って終了!

レシートチェックすると、やはり2.5€追加料金が入っていました。

 

レシート②

 

【おまけ】薬以外にも欲しいものがある時はガソリンスタンドへ

必要なものがそろうかわかりませんが、夜間や休日に必要なものが買いたい場合にガソリンスタンドなど併設のお店で買い物ができます。大きな駅構内のお店なども開いていることが多いです。

私も、水分補給にスポーツドリンクを買いたくて深夜のガソリンスタンドに行きましたが、

中に入れず夜専用の窓口での対応になりました。

 

夜間ガソリンスタンド

必要なものを伝えると店内から店員さんが持ってきてくれて買い物ができました。

めでたくスポーツドリンクを購入。

あまり品ぞろえはよくないので、普段から常備薬やアクエリスなどの飲料はストックしておいた方がいいですね。

 

まとめ

今回、急遽夜間や休日に薬局を利用することがあったのでまとめてみました。

近くの薬局と言ってもその時のタイミングにもよりますが、2つの薬局共に4キロほど離れたところだったため車がないと厳しいかもしれません。

ただ、どうしてもというときには助かるので、最寄りの薬局を調べて実際に購入してみて下さい。

今回の体験談の続編!処方箋なしで買った薬を保険請求する方法はこちらの記事でまとめています。

薬局
【体験談続編】処方箋なしでドイツの薬局で買った薬を保険請求する方法

ドイツで生活している場合、みなさんそれぞれ何かしらの健康保険に加入していると思います。 私の場合は、駐在の為プライベート保険に加入していますが、通常医師の処方箋のある薬は保険会社に請求することができま ...

続きを見る

体調の緊急度に応じてどんな医療体制の選択肢があるかはこちらの記事にまとめています。

ドイツ医療体制
緊急度別|ドイツで休日深夜営業の薬局や病院を探す方法から救急車まで

ドイツ生活で一番困るのが医療の問題。 日曜日や深夜に急に体調が悪くなった時にどういった対応ができるのか、どのような対処をしたほうがいいのか? まだ生活になれていないところで起こる緊急事態!不安しかあり ...

続きを見る

救急医療電話116117を利用した体験談はこちらでまとめています。

緊急電話116117
ドイツの医療緊急電話番号116117の体験談~看護師KAORUさんの経験からのアドバイス~

こんにちは! デュッセルドルフで駐在妻として生活中のデュッセルママです。 ドイツで、急な病気やけがでどうしても医師に相談したいのに、夜間や休日でかかりつけのお医者さんに連絡ができない! そんな場合にド ...

続きを見る

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-医療

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ