ドイツの食べもの・日用品

フェダーバイザーの時期は?ドイツの発酵ワインの注意点と楽しみ方

フェダーバイザー

sponsored link

ドイツではフェダーバイザー(Feder Weisser )という期間限定のワインが楽しめます!

期間としては約2か月間。

本当に短い期間しか流通していないワインなんです!

しかも、普通のワインではなく発酵途中のワインというとっても面白いワイン。

私はこれを知らず数年過ごしてしまいました

気が付かないでいるとあっという間に楽しめる期間が終わってしまうフェダーバイザー。

フェダーバイザーならではの注意点や楽しみ方を紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • フェダーバイザーがどんなワインか知りたい方
  • フェダーバイザーの注意点や楽しみ方を知りたい方

期間限定のフェダーバイザーとは?

フェダーバイザー

フェダーバイザーは発酵途中のワイン。

瓶の中で発酵が進んでいて、炭酸のようにシュワシュワして甘くて飲みやすいワインです。

ドイツ語でフェダーバイザーは「Feder Weißer」と書きます。

「Feder」→羽

「Weißer」→白

つまり白い羽というワイン。

素敵な名前ですよね。

この名前の由来は、フェダーバイザーの製造工程に秘密があります。

ワインの製造手順

  1. ブドウ収穫
  2. ブドウから果汁を絞る
  3. 酵母を加え発酵(1か月弱)←フェダーバイザーはココで完成!
  4. 酵母のカス等(オリ)を取り除く
  5. 貯蔵(1~2年)熟成 ←ワインはココで完成!
フェダーバイザーにはワインのような酵母カス(オリ)を取り除く工程がないので発酵が続いている状態というのがポイント

ワインの底を見ると下に白く酵母がたまっているのが確認できます。

酵母のカス

この白い酵母(オリ)が白く羽のようだということでドイツ語で「白い羽」という意味のフェダーバイザーという名前が付いたということです。

 フェダーバイザーはドイツだけでなく、他国でも違う名前で親しまれています。

他国のフェダーバイザーの呼び名

スイス・イタリアチロル地方・・・Suser(ズーザー)やSauser(ザウザー)

オーストリア・・・Sturm(シュトゥルム)

チェコ・・・burčák(ブルチャーク)

 

フェダーバイザーの時期はいつからいつまで?

フェダーバイザーの時期は9月初旬から10月下旬(ワインの収穫時期にもよる)

2020年は8月中旬ごろから市場に出回り始めていました。

スーパーでも手軽に手に入るので、チラシなどをチェックしてるとあーまたフェダーバイザーの季節がやってきたんだな~と

季節を感じることもできます。

8月中旬ごろから気を付けてみていると早めに発見できるかもしれません

フェダーバイザーの種類

フェダーバイザーは白だけではなく3種類あります。

  • 白 Feder Weisser (フェダーバイザー)
  • 赤 Feder Roter (フェダーローター)
  • ロゼ

 

フェダーバイザーのアルコール度数

アルコール度数が4%になるとフェダーバイザーとして出荷されます。

その間にも発行が進みアルコール度数は日に日に高くなりWikipediaの情報だと11%くらいまで到達するようです。

買える場所と値段

スーパーは1本2~3ユーロ

フェダーバイザーが買える場所

  • ワイン産地周辺のマルクトやワイナリーのスタンド
  • スーパー(冷蔵保管なのでワイン売り場でなく冷蔵コーナーをチェック!)
  • 立ち飲みワイン屋

 

フェダーバイザーの注意点

フェダーバイザーならではなのですが、買うときと保管時の注意点があるので紹介します。

フェダーバイザーを買うときに気を付けること

フェダーバイザー注意点

瓶を横にしてはいけない!

フェダーバイザーは発酵途中のワインなので、瓶の中で発酵が続いていてガス発生し続けています

そのため、破裂の危険もあるので瓶の蓋は密閉されていない状態で販売されているんです。

蓋をきっちり閉められないから横にするとワインがこぼれるというところが一番気を付けなければならないところ。

瓶のラベルやキャップにも「瓶を横に寝かしておかないで!」という意味の「Flasche nicht Legen!」の文字

書いてあるのですが、事前に知っておかないとまさか蓋がきちんとしまってない状態で売っているなんて想像できないですよね。

フェダーバイザーの保管や飲む時に気を付けること

フェダーバイザーが発酵途中のワインの為に保管や飲む時にも気を付けることがあります。

注意ポイント

  • 甘くて飲みやすいので飲みすぎに注意
  • 常温だと発酵が進む→アルコール度数も上がり酸味も強くなる
  • 発酵が進んでもワインにはならないので早めに飲み切る

フェダーバイザーはアルコール度数4%で出荷されますが、発酵の進むにつれてアルコール度数11%くらいまで高くなるので

通常のワインとアルコール度数はそこまで変わりません。

それなのにワインに比べるとごくごくと炭酸ジュースに近い感じで飲めてしまうのが危険なところ。

飲みすぎないように注意しながら飲んでください。

 

また、味わいが最初甘味メインだったものが発酵が進むと少しづつ酸味が強くなります。

特に常温に置いておくと発酵が早く進むので注意が必要です。

あまりアルコール度数が高くない方がいい場合や甘味が強い味が好きな場合

フェダーバイザーを楽しんでいる最中もテーブルの上に置きっぱなしにせず、

瓶を冷蔵庫で保管するかワインクーラーを卓上に準備しておいて常温のままテーブルに置いておかないようにしてみて下さい。

 

ドイツ人のフェダーバイザーの楽しみ方

期間限定のフェダーバイザーを楽しむお供としてドイツ人たちがよく食べている食べ物があります。

フェダーバイザーのお供1:Zwiebelkuchen(ツヴィーベルクーヘン)

 


伝統的な組み合わせは玉ねぎを使ったキッシュのようなツヴィーベルクーヘンと呼ばれる玉ねぎのケーキ

ドイツ語でZwiebelkuchen(ツヴィーベルクーヘン)と書きます。

Zwiebel(玉ねぎ)+kuchen(ケーキ)=Zwiebelkuchen(玉ねぎのケーキ)

ケーキという名前が付けられていますがキッシュのようなものなので甘くありません。

ちょうどフェダーバイザーが売り出される9月頃になると近くのパン屋さんでも購入できちゃうほど普通に手に入るものなので、

フェダーバイザーと合わせて試してみて下さい。

フェダーバイザーのお供2:Flammkuchen(フラムクーヘン)

 


Flammkuchen(フラムクーヘン)はドイツアルザス地方の郷土料理でドイツ版のビザ。

Flamm(炎)+kuchen(ケーキ)=Flammkuchen(炎のケーキ)

ビザで生地の部分がかなり薄くパリっと手軽に食べられます。

アルザス地方でなくても、レストランなどでもフラムクーヘンが食べられるところもありますし

スーパーでも冷蔵生地が売っているのでピザ感覚で簡単に子供と一緒に作れちゃいます。

サワークリームとお好みの材料で作ってみるのもいいかもしれません。

フラムクーヘンの材料

フラムクーヘンの簡単な作り方

オーブン余熱200度~220度

①フラムクーヘンの生地がロール状になっているので広げる

②サワークリームを塗る

③スライスした玉ねぎとベーコンをのせる。お好みで好きなものを!

④オーブンで15分で完成

フラムクーヘンの生地を買ってしまえば、サワークリームを塗って上に材料を乗せて焼くだけ!

手間なし本当に簡単なのでチャレンジしてみて下さい。

もう少し詳しいフラムクーヘンの作り方についてはこちらの記事にまとめてあります。

フラムクーヘン
材料は4つだけ!ドイツのフラムクーヘンの超簡単な作り方~ドイツ生活初心者におすすめ~

ドイツのアルザス地方の食べ物でドイツで手軽に作れるフラムクーヘン。 ピザのようですが、ビザより生地が薄くパリッとしています。 その為、おやつやおつまみとしても軽く食べられてしまうので子供も大好き! フ ...

続きを見る

フェダーバイザーは日本でも飲める?

 


毎年季節の風物詩のように発売されるフェダーバイザー。

期間限定だし、ボトルのキャップは密閉できないので日本に持ち帰ることはできませんよね。

でも、日本でも飲めるのか調べてみたら山梨のワイナリーのお祭りでドイツと同じく発酵途中のワインである「もろみワイン」が飲めるお祭りがあります。

フェダーバイザーが恋しくなったら毎年9月に行われるロリアンワイン祭りに行ってみましょう!

場所は山梨県の勝沼にある白百合醸造ロリアンワイナリーです。

ドイツでは「フェダーバイザー」と言いますが、日本ではもろみワインというのですね。

*34年続いたロリアンワイン祭りですが、2020年は残念ながら中止となっています。

 

シュトゥルムはオーストリアのフェダーバイザーの呼び方でしたね。オーストリアからももろみワイン注目されていますね!

また2021年9月に開催されるかチェックして日本でも楽しめるもろみワインも試飲してみたいです。

白百合醸造ロリアンワイナリー 

白百合醸造株式会社

住所:〒409-1315 山梨県甲州市勝沼町等々力878-2

電話番号:0553-44-3131

営業日:年中無休

ショップ:9:00~16:30 (年間)土日は状況により早く閉店する場合あり

ホームページURL:https://shirayuriwine.com/

 

まとめ

季節限定の発酵途中のワインフェダーバイザーを紹介してみました。

期間限定のとても飲みやすいワイン。

ドイツの伝統的なお供のツヴィーベルクーヘンやフラムクーヘンと共に

ドイツを味わってみて下さい。

 

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-ドイツの食べもの・日用品

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ