ドイツの行事

知っておきたいドイツの年間行事!季節の食べ物から伝統行事まで

ドイツのはた

sponsored link

日本に伝統行事やイベントがあるように、ドイツでも毎年恒例の年間行事や楽しみたい季節の食べ物が盛りだくさん。

ただ、ドイツでの生活を始めたばかりの時は、どんなイベントがあって何を楽しんだり準備したらわからず気が付いたら既に終わってしまっていたことも。

今回は一年がざっくりわかるようにどんなイベントがあるのか紹介していきたいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • ドイツの一年間のイベントや伝統行事などの流れを知りたい方
  • ドイツの一年の中で特色のある食べ物を知りたい方

ドイツの年間行事

月ごとに知っておきたい行事や楽しみたい行事をまとめています。

特に行事を楽しむためには、事前に準備が必要なものもあります。

自分の気になる月にどんなことがあるのか早めにチェックして一年の流れを把握しておくと慌てる心配がありません!

 

1月

1月1日 ニューイヤー

ドイツで年に一度、花火の打ち上げが許されるのは12月31日と1月1日のみ。

日本はお正月と言えば3が日お休みですが、ドイツでは1月1日のみ休み

大みそかからカウントダウンし新年を祝って各家庭でも花火を打ち上げます。

日本の年越しと異なり、花火の音で住宅地でも非常に賑やか。

ロケット花火なので本当に音がすごいです!

翌日に街に行くと道に花火の残骸がたくさんある状態
日本の厳かな雰囲気とはまた違う年越しを体験できますよ!

1月に入ってもまだクリスマスツリーは飾られたまま。

日本と違って年が変わっても街の雰囲気があまり変わらないので、年が変わった感じがしません。

 

1月6日 東方三博士来訪&クリスマスツリーのお片付け

東方三博士

東方三博士(とうほうのさんはかせ)来訪はキリスト教の話です。

東方で救世主の誕生を知った三人の占星術の学者が、ベツレヘムのイエスキリストに会いに訪れ、それぞれがお祝いの品を渡し誕生を祝ったという日。

ドイツで有名なケルン大聖堂には東方三博士聖遺物を納める黄金の棺があり、世界最大級。

キリスト教では重要な日になっています。

1月6日をもってクリスマスが終わり、家に飾ってあったクリスマスツリーを片付けることに!

そして、この1月6日日以降に町中でクリスマスツリーに使ったもみの木の回収が始まります。

町中にもみの木が横たわりなんだかちょっと寂しい気分。

2月

カーニバル(2月~3月)

カーニバルのお菓子

毎年カーニバルの時期が移動しますがだいたい2月~3月の間にあります。

特にデュッセルドルフ・ケルン・マインツは3大カーニバルと呼ばれ盛り上がります!

子供達はたくさんお菓子をもらえて大喜び!

山車(だし)から投げられるお菓子を拾うという経験は日本ではないことなのでとても新鮮です。

 

ココがおすすめ

子供だけでなくドイツ人は大人もこぞって仮装しています。

デパートやカーニバル衣装専門店でいろいろな種類の衣装が売られているのでを準備してカーニバルを楽しんでください!

3月

断食の時期

カーニバルで盛り上がった後に46日間の断食日に入ります。

キリストが十字架にかけられた金曜日から46日後の復活までの期間は復活祭までの準備期間。

断食といっても絶食するわけでなく、アルコールや甘いものを控えたり、お肉を魚料理にしたり、デジタル断食(スマホやパソコンを控える)という断食をする人もいるようです。

カーニバルの盛り上がりが一気に終わります。その分4月に来る復活祭を華やかに感じることができますよ。

4月

イースター(復活祭) Ostern(オースタン)

イースターチラシ

イースターはドイツ語でOstern(オースタン)

キリストの復活を祝い町中が一気に華やかになります。

スーパーや雑貨店はイースターグッズがたくさん売り出されます。

お子さんがいる家庭は、イースターエッグハントをしたり、卵に色付けしたり!

イースター限定のお菓子などもあるので楽しんでください!

最近少し増えてきまいたが、たまご型で中にお菓子などが入れられるタイプのものはイースターエッグハントで遊ぶのにおすすめ。

外や部屋の中でたまご探しするときに盛り上がりますよ!

5月

ヤーパンターク(日本デー)@デュッセルドルフ

デュッセルドルフでは毎年5月にヤーパンターク(日本デー)があります。ライン川沿いに日本食や日本の伝統を紹介する催しなどが盛りだくさん。

ドイツ人はアニメのコスプレなどをしている人が多くマンガ人気も感じることができますよ!

 

シュパーゲル(白アスパラ)&いちご

イチゴとシュパーゲルのマルクト

5月頃から白アスパラとイチゴの時期。

 

白アスパラとイチゴを売る専用の市場(マルクト)も現れます。

レストランでもこの時期にはシュパーゲルの料理がたくさん出てきますので、是非試してみて下さい。

シュパーゲルの収穫が4月から6月24日聖ヨハネの日までとなっているので本当に期間限定なんです!

 

6月

ドイツの学校の夏休みが6月後半から始まります。

期間は6週間

ドイツ全土一斉ではなく州ごとに少しずつずれているのが特徴です。

日本は3月が学年末で4月から新学年なりますよね。

ドイツでは6月末が学年末で8月末からは新しい学年の新学期がスタートとなります。

7月

キルメス(移動遊園地)@デュッセルドルフ

ライン川最大の移動式遊園地キルメスが7月に開催されます。

ミュンヘンのオクトーバーフェストにつぐ大きなお祭りと言われ、毎年多くの人が訪れています。

ライン川河川敷に突如遊園地が組み立てられ10日間ほど開催した後には、またすぐにいつもの何もない河川敷に戻ってしまいます。

こどもから大人まで大盛り上がり!大規模の遊園地を組み立てそして10日後にはさっとなくなってしまうことに驚きました!

2020年は残念ながら中止になっています。

 

8月

ドイツの学校の新学期準備

各州ごとに8月末ごろからドイツの新学期がスタートします。

スーパーやデパートには新学期の学用品を売る特設コーナーも設置され、学校準備もしやすいです。

9月

オクトーバーフェスト@ミュンヘン

オクトーバーフェストはバイエルン州の州都ミュンヘンで行われる世界最大規模ビールのお祭り!

オクトーバーって10月だけどオクトーバーフェストって9月から開催されていますよね。

もともとんミュンヘンのあるバイエルン州の王子の結婚のお祝いが起源。

オクトーバーとなったのは当時10月17日に開催されたからのようです。

現在は9月から10月に開催。

服装にも特徴があります!

オクトーバーフェストではディアンドルと呼ばれる女性用の民族衣装が定番

この時期になるとデパートやスーパーの一角でもオクトーバーフェストの民族衣装が売り出されますよ。

本場ミュンヘンのオクトーバーフェストでなくても、町のオクトーバーフェストにちなんだイベントや子供の行事で着る機会もあるので、必要な方は8月ごろからチェックし始めましょう!

フェダーバイザー&フラムクーヘン

フェダーバイザー

ドイツでは8月下旬~10月ごろまで期間限定のワインがあります。

スーパーなどでもこの時期になると売り出され始めます。

色々と注意点などもあるので詳しくはこちらの記事にまとめています。

フェダーバイザー
フェダーバイザーの時期は?ドイツの発酵ワインの注意点と楽しみ方

ドイツではフェダーバイザー(Feder Weisser )という期間限定のワインが楽しめます! 期間としては約2か月間。 本当に短い期間しか流通していないワインなんです! しかも、普通のワインではなく ...

続きを見る

また、フェダーバイザーのお供としても人気のあるフラムクーヘンというピザに似たアルザス地方の料理があります。

子供にも食べやすい味でドイツ生活初心者にも簡単に作れるおすすめの作り方はこちらの記事にまとめています。

フラムクーヘン
材料は4つだけ!ドイツのフラムクーヘンの超簡単な作り方~ドイツ生活初心者におすすめ~

ドイツのアルザス地方の食べ物でドイツで手軽に作れるフラムクーヘン。 ピザのようですが、ビザより生地が薄くパリッとしています。 その為、おやつやおつまみとしても軽く食べられてしまうので子供も大好き! フ ...

続きを見る

10月

かぼちゃ

かぼちゃの種類

ドイツでは、日本とくらべるとたくさんの種類のかぼちゃが売られています。

飾り用と食用がスーパーに一緒に並べて売られているので、その見分け方や日本のかぼちゃに種類など知っておきたいことがいくつかあります。そんなかぼちゃに関するポイントとドイツの食材を使って簡単に作れる日本人好みのかぼちゃスープのレシピを紹介しています。

かぼちゃの種類とレシピ
ドイツのかぼちゃ|煮物やスープに使える日本人好みの種類と簡単レシピ!

秋になるとドイツのスーパーでたくさんみかけるかぼちゃたち! ドイツのかぼちゃの種類は飾り用で50~60種、食用で14種類ほどあるといわれています。 その中でスーパーなどで売られているのはほんの一部です ...

続きを見る

10月31日 ハロウィン

ハロウィンといえば日本だと子供向けに地域でもお店を回ってトリックオアトリートと言いながらお菓子をもらったりする企画が多いですが、ドイツの場合11月に類似したイベントザンクトマルティン祭があるため日本やアメリカほど盛り上がっていない印象です。

それでも、お店などではハロウィンの商品もみかけます。

ハロウィンイベントに向かう人を見かけたことがありますが、かなりリアルな怖い仮装をする人が多いですね。

 

11月

11月1日Allerheiligen(アラハイリゲン)万聖節

11月はドイツではお墓参りの月と言われています。

デュッセルドルフでは11月1日は祝日です。

11月がドイツでお墓参りの月と言われている理由などはこちらにまとめています。

ドイツお墓参り
ドイツのお墓参りは11月|お供えする素敵なリースや日程について

ドイツのデュセルドルフで駐在妻生活中のデュッセルママです。 10月末ごろになると、市場やスーパーなどで素敵に飾られた鉢やリースが売り出されます。 ドイツに来てすぐの頃は、クリスマスも近いし、少し日本の ...

続きを見る

実際に11月1日にお墓を訪問した感想はこちらの記事にまとめています。

ドイツ墓地
ドイツのお墓参りの日Allerheiligenに墓地に行ってみた感想

ドイツのカレンダーで11月1日は多くの人がお墓参りをするAllerheiligen(アラハイリゲン)の日。 デュッセルドルフでは祝日となっています。 ドイツ語の先生に、このAllerheiligenの ...

続きを見る

11月11日ザンクトマーティン祭(ラタルネ)

マルティン祭の棒

ハロウィンのようなイベントですが趣旨が全く違うザンクトマーティン祭という行事

ザンクトとは日本語の「聖」の意味。マーティンはマルテヌス。

つまり、聖マルティヌスを祝う日の事です。

この日に子供たちがランタン(ラタルネ)を持ってお店や民家をまわりザンクトマルティンにちなんだ歌を一曲歌うとお菓子などをもらえるシステム。

ハロウィンがトリックオアトリート!の一言で終わるのに比べるとだいぶ違いますし、民家やお店を回る前に1時間くらい行列になり行進する必要があります。

とても奥深いストーリーになっているので、ドイツではかなり重要なイベントです。

ランタンは幼稚園や小学校で作りますが、10月ごろからランタンやランタンをつるすための棒が売り出されるので事前に準備が必要です。

マルティン祭の詳しい内容はこちらにまとめてあります。

ドイツの伝統行事!ラタルネ輝くマルティン祭で何するの?意味や参加方法まで紹介します!

11月のドイツの宗教的な伝統行事としてマルティン祭があります。 このマルティン祭、お店や家を回って歌を歌うとお菓子などがもらえるということもあって ハロウィンに似たものだと思われる方もいるのですが、全 ...

続きを見る

クリスマスマルクト@ドイツ各地

クリスマスマルクト

11月からドイツ各地でクリスマスマーケットが開催されます。

近所の広場に設置される小さなものから、日本から観光などで訪れる都市の中心地での大規模なものまで。

いろいろな楽しみ方があります。

 

  • 食を楽しむ
  • 買い物を楽しむ
  • スケートを楽しむ(スケートリンクが設置されているところが多いです。)

それぞれの年で特色があるので、いろいろなマーケットを回って違いを楽しむのがおすすめ。

最近はクリスマス後の年末まで開催されているところも増えていますが、以前はクリスマス前にクリスマスマーケットは終わってしまうものでした!

開催期間をよくチェックして楽しみましょう!

一般的なクリスマスマーケットの他に中世の雰囲気を出しているクリスマスマルクトなどもありまよ。

クリスマスツリーの準備

クリスマスツリー

ドイツの家庭では生のもみの木を使ってクリスマスをお祝いすることが多く11月後半からもみの木の販売場所が多く設置されます。

そのもみの木は根元が切られていてびっくり!専用のクリスマスツリーをささえるものと一緒に使います。

ドイツのクリスマスは24日から26日までの3日間。

 

1月6日の三博士の日が終わるとクリスマスツリーを片付けますが、それまではクリスマスツリーを飾り続けます。

アドベントクランツ

アドメンツクランツ

アドベントはキリストの誕生を待ち望む期間のこと。

2020年は11月29日にアドベントが始まり2020年の12月24日に終わります。

このアドベント期間を待つ間に使うのがアドベントクランツ

もみで作ったリースに4つのろうそくが立っています。

最近は本物のろうそくではなく写真のようなLEDライトのものも売られています。小さいお子さんがいる場合はこちらの方が安心!

アドベントクランツの楽しみ方

アドベントは毎年キリストの誕生日の4週間前の日曜日からスタート

  1. 1週目の日曜日は1つのキャンドルに明かりをともし
  2. 2週目の日曜日は2つのキャンドルに明かりとともし
  3. 3週目の日曜日は3つのキャンドルをともし
  4. 最後の4週目の日曜日に4つのキャンドルすべてに火がともります。

そしていよいよキリストの誕生24日を迎えるのです。

こんな1か月もキャンドルをともしながらキリストの誕生を待ち望むのは素敵な慣習ですね!

 

このアドベント期間を使ったキリストの誕生の待ち望み方がすごい!

自分で作ったり、スーパーなどでも手軽に買えるので是非アドベント期間に試してみて下さい!

アドベントのことはこちらの記事でもう少し詳しくまとめています。

アドベント
ドイツのクリスマスに欠かせないアドベントを楽しむ3つのアイテム!クランツ(リース)やカレンダーはいつから?

ドイツのクリスマスといえば、クリスマスマーケットが有名ですよね! 日本だとキリストの生誕の12月24日と12月25日だけが盛り上がりますが、 ドイツではその4週間前からキリストの誕生を待つための大事な ...

続きを見る

 

アドベントカレンダー

アドベント期間の楽しみ方第2弾。

大人も子供の楽しめるアドベントカレンダー

12月1日からクリスマスの24日まで毎日一つずつ中身を空けていけるカレンダー。

中にはチョコレートやおもちゃ・香水やコスメなど様々なジャンルのカレンダーが売り出されます。

お菓子やおもちゃのアドベントカレンダーは子供は大喜び。

12月1日からスタートなので11月中にどれにするか選んで準備しておきましょう!

12月だけは、毎日早く中身を見たいのか子供が早起きになります。

ドイツのおもちゃプレイモービルのアドベントカレンダーなどもあります。

毎日一つずつアイテムが増えていくなんてわくわくしませんか?


自分でアドベントカレンダーをつくったり、引き出しのようになっていて毎年子供の成長に合わせたものを自分で準備して入れられるものもあります。

とにかく、子供も大人も楽しみにしているのがアドベントカレンダー!

 

ドイツで売っている子供向けカレンダーで日本でも買えるものはこちらの記事でまとめています。

アドベントカレンダー
ドイツの子供向けアドベントカレンダー日本でも買えるおすすめは?

ドイツで子供にも人気のアドベンツカレンダー ドイツのお店でもよく見かけて売られているアドベンツカレンダーを参考に日本在住でも買いやすいものをまとめてみました! アドベントカレンダーは見るだけでも楽しい ...

続きを見る

 

シュトーレン

シュトーレン

ドイツのクリスマスに食べる伝統菓子と言えばシュトーレン

発祥の地はドレスデンとされています。

長期保存できるように生地には大量のバターとドライフルーツやナッツが練りこまれ、外側は大量の砂糖でコーティングされているのでカロリー多め!

シュトーレンはアドベント期間に食べるもの

シュトーレンはクリスマスにちょうど食べきれるようにくクリスマス前のアドベント期間に薄く切って少しずつ食べていくもの

アドベントクランツと共にアドベント期間を楽しめますね!

シュトーレンを買うときのポイントはこちらの記事にまとめています。

シュトーレン
ドイツのクリスマス|シュトーレンをスーパーなどお店で買うときのポイント~デュッセルドルフ編~

ドイツのクリスマスの時期にたくさん売り出されるシュトーレン。 ドイツではstollen(シュトレン)といいます。 たくさん種類があってどれを買っていいか迷いますよね。 スーパーやパン屋さん、お菓子屋さ ...

続きを見る

 

その他、ドイツでは、アドベントの時期からシュトーレンのほかにも食べられるお菓子がたくさん!

ドイツのクリスマスの時期に食べられる有名なお菓子たちはこちらの記事でまとめています。

有名なお菓子
ドイツのスーパーやパン屋で買えるクリスマスの有名なお菓子10選!

クリスマスの時期になるとドイツのスーパーやパン屋さんでもクリスマスのお菓子がたくさん売り出されます。 特にクリスマスの時期のお菓子はスパイス類やマジパン入りのものがたくさん! 日本でもなんとなく聞いた ...

続きを見る

 

12月

12月6日聖ニコラウスの日

ドイツでは、クリスマスの日以外にもこの12月6日のニコラウスの日にプレゼントがもらえます。

聖ニコラウスは実在した人でサンタクロースのもとになった人ともいわれています。

聖ニコラウスはドイツ語読みだと ザンクト ニコラウス・・サンクトニコラウス・・・サンタクロースとなったかわかりませんが確かに音はにていますね!

聖ニコラウスが貧しい人にした施し助けた話が多くあり、ドイツでは絵本にもなっているような存在。

その聖ニコラウスの話から聖ニコラウスの日12月6日の前日に子供たちは靴を磨き上げ玄関やベットの下に置いておくと聖ニコラウスがいい子にしていた子にお菓子などのプレゼントがもらえるようになっています。

 

クリスマス(Weihnachten:ヴァイナハテン)

ガチョウ料理

ドイツのクリスマスは3日間

12月24日 (クリスマスイブ)午後からお店はお休みに。夜には教会でキリストの誕生を祝うミサもあります。

12月25日 (第一クリスマス) 家族や親せきと食事

12月26日 (第2クリスマス) 家族や親せきと食事・ゆったり過ごす

日本はクリスマスもお休みにはならないのでドイツとだいぶ違いますね。

大晦日(silvester:ジルベスター)

クリスマスと異なり友人などと過ごすことが多いようです。

ドイツで年に一度、花火の打ち上げが許されるのは12月31日と1月1日のみ。

大みそかからカウントダウンし各家庭でも花火を打ち上げます。

日本の年越しと異なり、花火の音で住宅地でも非常に賑やか。

翌日に街に行くと道に花火の残骸がたくさんある状態です。

年末の一定期間スーパーでも12月29日~12月31日まで期間限定で花火が販売されるので、カウントダウンで盛り上がりたい人はこの時期に購入しましょう!

 

まとめ

月別にドイツ生活でおさえておきたい年間行事や季節の食べ物をまとめて掃海しました。

日々の生活で精一杯の間は気が付いたら体験したかった行事が終わっていたり、準備するものがわからなかったりしていたので、今後何があるのか月別に行事がわかると安心だと思い作成してみました。

今後も気になるイベントや行事があれば追加していきたいと思っています!

 

 

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-ドイツの行事

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ