ドイツ生活情報

デュッセルドルフ駐在での日本人に近所挨拶する時の3つのポイント!おすすめの手土産はコレ!

近所挨拶

sponsored link

ドイツ駐在で、日本人に近所挨拶する時ってどうすればいいのー!
私はとりあえず挨拶するだけで終わってしまいましたがせっかくの近所挨拶。ポイントをおさえて挨拶するのがおススメです!

今になって、自分の近所挨拶を思い返すともっとポイントを押さえて挨拶をしておけばよかったと思うことがたくさん。

 

今回は、デュッセルドルフでの駐在で日本人多めの住宅環境の中、ご近所挨拶する側される側を両方経験した上で感じた私自身が思う日本人に近所挨拶する時の3つのポイントを紹介します!

 

こんな方におすすめ

  • デュッセルドルフ駐在で日本人に近所挨拶する場合のポイントを知りたい方

デュッセルドルフ駐在でのご近所挨拶3つのポイント

おすすめの手土産

手土産は持っていくとするならばあまり高価なものでなく自分の出身地に関するものがおすすめです。

手土産を渡す際に、自分の出身地を知らせるきっかけにもなり、挨拶の話題もスムーズ。

もし、挨拶でご家族全員に合えなかったときも、手土産からそういえばOOから来たんだって~など後で家族でお話してもらうときにも思い出してもらえます。

私が実際に日本人の方からいただいた手土産

  • ダシ
  • お菓子
  • 緑茶
  • エコバック

ドイツ人にも挨拶する場合は、お菓子や緑茶(ティーバック)などがおすすめ。

ドイツのスーパーで寿司も売っている時代なので、抹茶のお菓子や緑茶にもなじみがある方は増えています。

手土産は手荷物で持ってくることになるのでかさばらないものが楽ですよ!

例えばダシはこんな感じで少量のお試しサイズを小分けにして渡すのも一つの方法です。

茅乃舎のダシはドイツでは手に入らないし、愛用されている方が多いです。

おすすめの時間帯

挨拶の時間帯はいろいろな考えがあるかもしれませんが、

せっかく挨拶するのであれば家族全員と会えるチャンスがある週末がおすすめ!

  • おすすめの曜日:土曜日と日曜日
  • おすすめの時間帯:午前10時~11時頃 午後15時頃~18時頃

できればお昼時や夕食時を避けた時間がいいですね。

ココに注意

ドイツは日曜日にスーパーやデパートが閉まっているので土曜日に買い物に出かけたり、子供の習い事などで予定が入っているケースも多いです。

土曜日に会えなかった場合は日曜日再度チャレンジしてみましょう!

事前に準備すること

挨拶に行くときにおすすめなのが連絡先を記載したメモを一緒に持っていくこと。

挨拶の時はそこまで長くお話ができないですよね。

このタイミングで連絡先を交換しておくと、後で気になったことや相談したいことがあった場合に気軽に連絡を取れるきっかけになります。

じつは、新しく来た方だけでなくお互いにとって連絡を取りたいと思うケースがあとから発生します。

なのでこの機会に交換しておくと後々お互いにとって助かるんです。

 

私も、以前聞きそびれて後で連絡先聞いとけばよかったと思うことがありました。いまでは、自分から聞くようにしています。

 

ココがポイント

連絡先のメモを渡した相手の反応で、今後連絡を取りたい人なのかそうでないかもわかります。

ひとまず連絡を取れる環境を作っておくことは今後の生活で役立つので連絡先のメモの準備はおすすめです。

まとめ

今回ドイツ駐在初期に近所挨拶するときの3つのポイントを紹介しました。

  • おすすめの手土産
  • おすすめの時間帯
  • 連絡先の準備

 

近所挨拶をきっかけに、親しくなったり、気にかけてもらえたりと生活に大きな心の支えができます。

ご近所さんと仲良くなれるきっかけになるので、是非準備して挨拶をしてみて下さい!

近所挨拶をおすすめする理由について知りたい方はこちらの記事もおススメです。

hands-heart-house
ドイツ駐在生活でご近所挨拶は必要?経験者が挨拶をおすすめする4つの理由

私がドイツに来た当時も日本とは環境もちがうし挨拶したほうがいいのか? 日本ではないし、しなくてもいいのかな?と悩みました。 近所挨拶するかしないかは、マンションのような集合住宅なのか一軒家なのかによっ ...

続きを見る

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-ドイツ生活情報

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ