ドイツ生活情報

ドイツ駐在生活初心者におすすめの生活に役立つアプリ7選!便利な使い方紹介!

アプリ

sponsored link

ドイツでの駐在生活が始まったけどドイツで生活するときに役立つ便利なアプリ何かないかな?

そんなドイツの駐在生活を始めたばかりは、道もわからなければドイツ語もわからない!

そんな状態だった私もまずドイツの生活に慣れるために大活躍したおすすめのアプリを厳選して紹介します。

色々なアプリがありますが、最初からたくさんダウンロードするのは大変!

 

無料で使えるものなので、もし、まだ使っていないものがあれば是非ダウンロードしてみて下さい。

 

こんな方におすすめ

  • ドイツの駐在生活で役立つアプリを知りたい方
  • アプリをドイツ生活でどんなふうに使っているのか知りたい方

ドイツ生活に役立つアプリ

Google Map

日本でもほとんどの方が使っていると思われるGoogleMap

ドイツでも大活躍です。

Googleマップのいいところ

  • 日本語でお店名や住所がわからなくてもレストラン・スーパーなど大まかな単語でも検索できる
  • お店の開店時間やメニュー口コミまで日本語でわかる
  • 電車の経路検索・カーナビ代わりにもなる

ドイツにいても日本と同じようにストレスフリーで検索可能。

例えば、デュッセルドルフ ドイツ料理レストラン で検索すると

デュッセルドルフにあるドイツ料理屋さんがおすすめ度・開店時間などと共に確認できます。

気に入ったお店が見つかったらそのまま経路検索で徒歩・電車・車どれでもナビができて本当に便利

レストランだけでなくスーパーや薬局など探したい場所を入れると検索できます。

 

 

日本だとドラックストアならマツキヨ

ホームセンターといえばカインズホームやビバホーム

家電量販店ならビックカメラやヤマダ電機など

ぱっと名前が出てきて検索しやすいですが、ドイツだとお店の名前で検索するのは難しいですよね。

そんな時グーグルマップでお店名でなくお店のジャンルで検索できるのは本当に便利ですよ!

 

最初はどんな名前のお店で何を売っているのかわからないので、グーグルマップの検索機能でスーパー・家具店・ホームセンター・図書館など色々検索できて本当に助かります!

まだインストールしてない方はこれはマストアプリです!無料なので必ず入れましょう!

 

Google マップ - 乗換案内 & グルメ

Google マップ - 乗換案内 & グルメ
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

 

Google 翻訳

Google翻訳画面

日本でそこまで日常的に翻訳する機会は少ないと思いますが、ドイツでは毎日のように使います。

グーグル翻訳を使うのはこんな時

  • テキスト入力して翻訳→日本語をドイツ語に変換したいとき
  • カメラで撮る→看板や商品パッケージ・ドイツ語の手紙を読む時
  • 会話を直接翻訳→工事や修理の方が来た時
  • 音声をいれるとそのまま翻訳→簡単な内容を翻訳したいとき
この中でも最初にいちばん役立つのはカメラで撮ったものを翻訳!

とにかくドイツ語で何が書いてあるかわからないので、カメラ機能でかざすだけでだいたいの言葉がわかるのは便利。

当初このアプリを知らなかったので、私は電子辞書で必死に調べてました。今は便利でいいですよね!

グーグルカメラ機能

 

会話機能も役立ちます!

会話機能も実際、家電設置に来たドイツ人と試しました。

家電などの配達の人ってドイツ語しか話せない人や英語もそこまで得意でない人が多いので、そんな時音声会話は本当に助かります。直訳なので、しっかり理解できないこともありますが、だいたい言いたいことがわかるので、会話機能は是非使ってください!

 

Google 翻訳

Google 翻訳
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

 

Google chrome

アンドロイドの携帯の場合ドイツ語のホームページも自動で翻訳できるようなのですが,

i phoneの場合そうはいきません。

iphoneユーザーだった私は、どうしても翻訳したい部分だけGoogle翻訳にコピペしてかなりの手間でした!

でもGoogle翻訳+Googlechromeアプリ2つを利用することで i phone でもページ翻訳できるようになって本当に感激

  • Google chrome はinternet Explorer やSafari など検索するときにつかうWebブラウザ
  • Google chromeでドイツ語で書かれたホームページを検索+グーグル翻訳アプリがページごと翻訳
もっと早く知っていればよかった機能です。

 

 

グーグル翻訳画面

 

翻訳画像

 

PC版画面

これでだいたいのドイツ語のサイトが翻訳できるので読みたいとき本当に楽になります。

是非i phoneユーザーはGoogle翻訳とともにGoogle chromeもダウンロードして快適にドイツ語のホームページも読めるようになりましょう!

Google Chrome - ウェブブラウザ

Google Chrome - ウェブブラウザ
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

 

Googleフォト

ドイツ生活が始まるとみるもの食べるものすべて新鮮!とにかく写真をたくさん撮ります。

それも考え容量の大きいスマホを買っている人も多いのではないでしょうか?

でもグーグルフォトの機能を使えば容量が多くなくても安心!

Googleフォトのいいところ

  • グーグルフォトは高画質で保存すると無料で容量無制限
  • スマートフォンで撮影されたものは設定で自動グーグルフォトにもアップロード
  • 携帯の盗難紛失時もアップロードして保管されているので安心

グーグルフォト設定

グーグルフォト画面

本体から削除した写真はグーグルフォトから再度携帯本体に保存しなおすこともできます!

無料で容量無制限はありがたいですよね!

それに加えてドイツでは携帯の盗難にも注意が必要です

携帯をなくしてせっかく大切な写真がなくなってしまったということを防ぐためにも容量無制限保存が選択できるGoogleフォトは、バックアップ的にも使えて便利です

 

Google フォト

Google フォト
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

 

 

Rhein Bahn(鉄道アプリ)

デュッセルドルフ近郊の方でRhein Bahnを利用される方におすすめ。

電車の経路検索だけならgoogleMapでも十分なのですが、チケットの値段までは分かりません。

電車を乗る時に必要なチケットを購入するときの確認に便利です。

アプリ画面

 

ドイツは電車に乗る時に改札がないので、乗車中に正しいチケットを買っているのか抜き打ちチェックがあります。

買うチケットを間違ってたり、チケットを買っていない場合60ユーロの罰金(年々値段が上がっています。)

最初のうちはこのアプリで乗る駅と降りる駅を検索すると買うチケットの値段が出てくるので安心ですよ。

 

 

RMV

RMV
開発元:Rhein-Main-Verkehrsverbund GmbH (RMV)
無料
posted withアプリーチ

LINE

ほとんどの方はすでに使っていると思いますが、ドイツ特にデュッセルドルフではかなり使いますので、紹介しますね。

  • 日本人同士の情報交換には必須
  • ご近所さん同士の情報シェアや子供の習い事・自分の習い事でもグループを作成してやり取りすることが多い
  • 日本の家族にもLINEをインストールしてもらえればいつでも無料でビデオ通話もできる

特にデュッセルドルフでは日本人が多くいるので、情報交換にLINEは必須です。

もし、LINEを作っていない方いたら是非ダウンロードしておいてください。

 

LINE

LINE
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

Whats up

日本人がLINEでやり取りするように、ドイツではWhats upを使ってやり取りをする方がほとんど。

ドイツ在住の日本人の方も使っている場合が多いです。

ドイツではメジャーなアプリ。

語学学校で他の国の方と知り合いになった時など交流する機会がある場合にはこのアプリを事前に入れておくとスムーズに連絡先が交換できて便利です。

 

WhatsApp Messenger

WhatsApp Messenger
開発元:WhatsApp Inc.
無料
posted withアプリーチ

まとめ

今回は、ドイツ生活に必要な厳選アプリをご紹介しました。

紹介したアプリ自体は日本でも使っている馴染みのあるものだったかもしれません。

ただ、日本でもなじみのアプリをうまく利用することによってドイツ生活がさらにすごしやすくなります。是非ダウンロードして使ってみて下さいね!

 

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-ドイツ生活情報

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ