ドイツ生活情報

ドイツでかかりつけ医を選ぶ3つのポイント!駐在家族におすすめの選び方

家

sponsored link

ドイツ駐在初期にホームドクター受診がおすすめと聞いたけどどうやってかかりつけ医をえらべばいいの?
ホームドクターはいわば家族の家庭医。何かあった時にまず相談するのはかかりつけ医になるので自分との相性もあります。じっくり調べて決めたいですね!

今回は、かかりつけ医を選ぶ時の時の3つのポイントについて紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • かかりつけ医を決める時にどんなことに注意して決めたらいいかポイントを知りたい方

駐在家族がかかりつけ医を選ぶポイント

保険のタイプで選ぶ

診療所には2つのタイプがあります。

  • 公的健康保険・プライベート保険両方を扱う診療所
  • プライベート保険専用の診療所(海外旅行保険も含まれる場合が多い)

公的保険とプライベート保険

ドイツ人で公的健康保険に加入している人は9割、プライベート保険は1割

駐在の場合は会社で提携のプライベート保険を利用している方が多いです

公的保険とプライベート保険の違い
  • プライベート保険の方が公的健康保険より治療範囲なども多い分保険料が高い
  • プライベート保険専用の診療所があったり、病院等からも予約が優先的にとれたりと優遇されている

 

ココがポイント

自分が加入している保険がプライベート保険であれば問題ありませんが、公的健康保険の場合、受診できない診療所があるということを頭にいれておきましょう。

 

医師との診察方法で選ぶ

診察方法はこの3択

  • 日本人医師と日本語で診察
  • 通訳さんのいるドイツ人医師と日本語で診察
  • 英悟の話せる医師と英語で診察

ドイツで日本語で受診できる診療所はこちらのサイト【Prestige international】で検索できます。

世界中の日本語で受診可能な病院が検索できるので、旅行や出張の時の為にもブックマークしておくと便利!

 

デュッセルドルフでは日本人医師や通訳さんのいる診療所が多くあるので安心です。

日本人医師と日本語で診察

通訳さんを介さずに日本と同じように診察ができてストレスフリーです。

検査結果などについて、電話で報告や相談をする時もありそういう時はやはり日本人医師で良かったと思いました。

通訳さんのいるドイツ人医師と日本語で診察

通訳さんを通して日本語で診療できて安心です。

ただ、いろいろな通訳さんを通じて診察してみて、通訳さんとの相性もあるなと感じました。

すっきり明確に通訳してくれる方もいれば、

自分の聞きたいことをしっかり伝えてくれているか不安いなる場合も。

まれなケースですが、通訳さんを介しての診察には、先生だけでなく通訳さんとの相性もある事も少し考えておくいいと思います。

英悟の話せる医師と英語で診察

ドイツでも、医師は英語が話せる方がほとんど。

通訳さんがいない場合や救急で病院を受診する場合は英語で診察ということになります。

個人の語学力によっては難しい場合もありますが、今は非常に便利なアプリがあるので安心です。

通訳なしでの診察の場合は、直訳ですがグーグル翻訳アプリの会話機能で乗り切りましょう!

 

合わせて読みたい

 

グーグル翻訳アプリのダウンロードがまだの方はこちらの記事もおススメです。

アプリ
ドイツ駐在生活初心者におすすめの生活に役立つアプリ7選!便利な使い方紹介!

色々なアプリがありますが、最初からたくさんダウンロードするのは大変!   無料で使えるものなので、もし、まだ使っていないものがあれば是非ダウンロードしてみて下さい。   こんな方に ...

続きを見る

 

 

条件で選ぶ

おさえておきたい条件

  • 行きやすさ
  • 予約の取りやすさ
  • 医師の診療方針
  • 口コミ

行きやすさ・予約の取りやすさ

体調が悪い中通うことができる距離に診療所があるのかどうか?

行きたいときに当日に予約が取れるのか、かなり先の予約しか取れないのか?

この2点はチェックしておきましょう!

医師の診療方針

ドイツ人の先生は、自然治癒力を重視して、受診してもあまり薬を使わないで治す傾向があります

あまり、薬を使わずに自然治癒力を大事に治療する方針なのかすぐに強い薬を処方してくれるのか処方に関する指針も含め確認するといいと思います。

我が家の場合は、長引いてもなかなか強い薬を処方してもらえず悪化してしまった経験から、早めに強い薬を処方して治療してもらえる先生にホームドクターを変更しました。

先生の診療方針は、ホームドクターを決めるうえではかなり重要な部分になると思います。

口コミ

ご近所さんの口コミは非常に大事です。

ご近所さんにホームドクターについてどうやって決めたのか聞いてみましょう!

メモ

  • ホームドクターはどこにしているのか?
  • どうしてそのホームドクターにしたのか?(かかりつけ医の気に入っているところ)
  • かかりつけ医を選ぶ時にいちばん優先したことはどこか?
私の優先順位は①日本人医師 ②当日に予約が取れる ③早めに薬を処方してくれるです。
なるほど!いろんな人にどうやってかかりつけ医を選んだのか聞いて自分に合ったホームドクターを探してみます!

まとめ

今回は、かかりつけ医を選ぶポイントについて紹介しました。

どれが正解かは自分次第。

特にご近所さんに実際に通っているホームドクターの話を色々聞いてみると自分がどの考えに近いかがわかって、かかりつけ医を選ぶいい参考になると思います。

  • 診療所のタイプ
  • 医師との診察方法
  • 条件(通いやすさ・予約のしやすさ・医療方針・口コミ)
自分に合ったかかりつけ医をじっくり選んでくださいね!

 

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-ドイツ生活情報
-

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ