海外赴任・駐在準備

海外赴任時に持っていきたい日本のベビー用品は?ドイツで買ったほうがいいものも紹介!

ベビー用品

sponsored link

最近はデュッセルドルフでは小さいお子さん連れの駐在ママが増えてきました。小さいお子さんを連れたドイツの海外生活は不安なことも多いと思います。海外赴任準備時に日本から持ってきたほうがいいもの現地で買ったほうがいいものをデュッセルドルフで駐在しているママの視点で紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • 小さいお子さんを連れてのデュッセルドルフへの海外赴任準備をされている方
  • 小さい乳幼児をつれて海外赴任する場合に日本で準備したほうがいいものもしくはドイツで買ったほうがいいものを知りたい方

日本から持ってきたいもの

ベビー用便利グッズ

ベビー用便利グッズ

  • ベビーマグ(日本のものの方が水漏れしにくいそうです。)
  • メンカッター
  • 鼻水吸い取り器
  • 体温計
  • 凍っても柔らかい保冷剤・水枕
  • 和風のベビーフード

日本で使っている便利グッズはまずドイツでは売っていない可能性が高いです。

そういったものを中心に持参するといいと思います。

日本語のおもちゃや本

個人的にはベビーグッズよりも日本語に触れる機会が少なくなるので、日本語に触れられるおもちゃや本DVDなどを持ってくる方がいいと思います。

  • 日本語の音の出る絵本
  • 昔話
  • 童謡CD
  • お母さんといっしょなどのDVD
  • アンパンマン
  • お気に入りの絵本

おもちゃもドイツで揃いますが、どうしても日本語関係のものは手に入りずらいです。

子供の頃に聞かせたい歌やお話しなどを中心に準備して持ってきておくといいと思います。

デュッセルドルフには日本人クラブがあり会員であれば、子供の絵本を無料で1週間借りられます。

日本人クラブにいける距離にお住まいであれば、多くの絵本が借りられるので是非利用してみて下さい。

会員向けに赤ちゃん用や幼児用のプレイグループもありますよ!

 

ドイツで買えるベビー用品は?

洋服

ドイツでベビー用の服は買えます。

ただ、赴任してから探すのが大変な場合はある程度日本で揃えて持参するのも一つです。

  • 前開きの服
  • ガーゼハンカチ(小さめ・大きめ)
  • トイレトレーニング用パンツ

日本より比較的早い月齢から前開きでなく頭からかぶるセパレートの服になります。そのほうが楽という意見もありますが、もし前開きの服が欲しい場合は将来の大きいサイズまで前開きの服を持ってくることをお勧めします。

 

赤ちゃんのものよりご自身の

  • 授乳ブラ
  • 授乳服
  • ドイツで出産する場合は産褥ショーツ
  • 授乳パッド

こういった日本人の体に合ったものを準備したほうがいいかもしれません。

産後は肌などもデリケートになります。

敏感肌の方は、特に日本のものを用意しておくと安心ですね。

おむつ

ドイツのドラックストアそDM(ディーエム)やRossmann(ロスマン)やスーパーで手軽に買えます。

メインはパンパースであとはそのお店のプライベートブランドを売っているところが多いです。

最初は馴染みのあるパンパースを使って、だんだん安いプライベートブランドのおむつに変えるというケースも。

 

プール用のおむつも売っているのでわざわざ日本から持参する必要はありませんよ!

 

ドラッグストアでそろうベビー用品

  • 哺乳瓶
  • ミルク
  • 洋服
  • ベビーフード
  • 赤ちゃん用のヘルシーなお菓子
  • ベビー用スキンケアグッズ

ドラッグストアDM(ディーエム)やRossmann(ロスマン)ですべてそろいます。

哺乳瓶・ミルク

ドイツでは粉ミルクだけでなく液体ミルクも売っています。

私自身は与えたことはありませんが、これも慣れれば簡単で助かるようです。

母乳が難しい場合、粉ミルクの他ドイツの液体ミルクも挑戦するのもいいですね。

良く知られているのはAptamil(アプタミル)

ボトルを温めて哺乳瓶のニップルを直接つければOKなのでとても簡単です。

 

こんな意見も

ドイツにいる間に日本のミルクも与えてドイツのミルクを飲まなくなると困るからと最初からドイツのミルクを与えるというママも。ドイツには粉ミルク・液体ミルク共にあるので、特に日本製というこだわりがなければドイツのミルクだけを与えるという選択肢も悪くないかもしれません。

 

ベビーフード

ドイツのベビーフードは瓶入り。種類も多くありますがもちろんすべて洋風です。

赤ちゃんせんべいはアジアショップで売っていますよ

 

大型ベビー用用品を買えるのは?

  • ベビーカー
  • チャイルドシート
  • ベビーチェア
  • おむつ替えの台
  • ベビー用フットマフ

こういったものはだいたいドイツのベビー用品のお店でそろいます。

コレはおススメ!

ベビーマフはドイツの冬にしっかり耐えられる仕様になっているので、ドイツで買うのがおススメ!

 

ドイツにあるベビー用のグッズが買える店舗

グーグルマップなどで最寄りに下記のようなお店がないか探してみて下さい
  • baby walz
  • baby One
  • Baby Kochs(少し高級な用品を販売しているので、出産祝いなどでも利用します)
  • IKEA

 

 

ベビーカーは日本のとドイツのどっちがいい?

ドイツのベビーカーは頑丈で重いのですが、石畳などもスムーズ。

路面電車の場合入り口がせまく、バリアフリー化していない駅では持ち上げないといけないこともあり、その場合は周りの人にお願いして手伝ってもらうことも。

ドイツでは普通の事なので、みんな快く手伝ってくれるので問題はないですが、なかなかお願いしずらい場合は電車に乗る時は日本から持ってきた小回りの利くベビーカーでなど使い分けてもいいかもしれません。

車での旅行時にもあまりスペースを取らないベビーカーを持っておくと他の旅行荷物が入りやすいので便利です。

どちらもいい部分があるので、両方持っていて使い分けをするというのもアリですよ!

 

まとめ

基本的にはドイツでベビー用品は問題なく揃います。

日本の製品にこだわっているものがなければドイツのものを利用するのがいいかと思います。

赤ちゃんのものより、お母さんが快適に過ごせるグッズとベビー用便利グッズ・日本語関連のグッズを中心に持ってくることをお勧めします。

ただ、ドイツで揃えるといっても、調べたり買いに行ったりが大変だと感じる場合は、日本からある程度持ってきた方が精神的に安心できますね。

最後に必要であれば日本で揃えたいものとドイツで買ったほうがいいおすすめをもう一度まとめますね!

日本で揃えたいもの

  • 前開きの服
  • ガーゼ
  • トイレトレーニング用パンツ
  • ベビー用マグ(替えのストローやパッキン)
  • ママ用の授乳服
  • ベビーマグ
  • メンカッター
  • 鼻水吸い取り器
  • 体温計
  • 凍っても柔らかい保冷剤・水枕
  • 和風のベビーフード
  • 赤ちゃん用日本語関連の本やCD・DVDなど

 

ドイツで買ったほうがいいもの

  • ベビー用大型家具
  • 冬用のベビーフットマフ

ベビー用大型家具はお値段も高いのでフリマなどで中古が手に入るようであればうまく活用できるといいですね!

とりあえず、もし買い忘れがあっても何とかなりそうだということがわかっているだけで安心です。

心配せずドイツへの準備を進めてください!

 

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-海外赴任・駐在準備

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ