海外赴任・駐在準備

ドイツ赴任時に日本から持っていくべきキッチン家電リスト!子連れ海外赴任に必須家電は?

炊飯器

sponsored link

海外赴任準備でドイツへ日本から持っていった方がいいキッチン家電は何なのか?

できることなら使い慣れた日本の家電を持っていきたいと思うところ。

なぜかというと新しい家電をドイツで買うとなると、使用説明書も家電事体の表記もすべてドイツ語になるからです!!

引っ越し準備の時はやることが多すぎですっかりこのことを忘れているのですがこれは本当にストレスの種です!

 

今回は、子供がいて駐在に行く場合に私が実際日本から持っていったものや他の駐在ママが持っていていいなと思い買い足した日本の家電製品をまとめてご紹介します。

こんな方におすすめ

  • ドイツで生活している駐在妻が持って行った家電にどんなものがあるか知りたい方
  • 実際持っていっての使う頻度や追加で購入したものがあるかなど知りたい方

 

要注意!ドイツで日本の家電を使うなら必ず買いたいマストアイテム

日本の家電を持ち込んでドイツで使う場合、家電の種類によって変圧器か変換プラグが必ず必要です。

ドイツで日本の家電を使うためのマストアイテム

  • 変圧器
  • 変換プラグ

これがないとせっかく日本の家電を持って行っても使えませんよ!

今回日本から持っていきたい家電を紹介しますが、必ず変圧器と変換プラグの違いを理解して日本の家電を使ってください。

 

よく理解しないで使った場合、せっかくの日本家電を壊してしまいます。

大切な日本の家電を壊してしまった経験者です。本当にショックなので必ず確認してね。

私自身とても分かりずらかった部分なので、当時の私がわかるようになるべく丁寧に書いています。

変圧器
ドイツで日本の家電に変圧器は必要?タイプと故障させない為の注意点

海外赴任の引越し準備で日本の家電を持っていきたいけど、変圧器はいらないのかな? どうやら変圧器が必要みたいなんだけれどそれだけあれば使えるのかな? 今そんな気持ちではないですか? 変圧器はタイプや種類 ...

続きを見る

 

持っていきたい家電(キッチン編)

キッチン家電はやはり日本のものがおススメ!

とにかく日常生活で使う頻度が多いので、使い方がよくわからないと結構ストレス。

日本でオーブンを使ったことがなかった私は、ドイツのキッチンに備え付けのオーブンとかの使い方に慣れるまでに結構時間がかかりました。

普段使い慣れている家電であればそんな心配はないので、とりあえず持っているならばドイツから持ってきていいと思います。

あくまで私の主観ですので、項目をみて自分でピピっと来たものを準備するといいでしょう。

炊飯器

私は、日本から持参した炊飯器をそのまま使っています。

もしこのタイミングで新しいのに買い替えたい場合は、海外対応の炊飯器を買うというのも一つです。

下のようなドイツの電圧230Vに対応できる炊飯器を見つけてみて下さい。


お米の質の話

例えばデュセルドルフで購入できる米は

・日本から輸入されている日本のお米「あきたこまち」など

・ヨーロッパで作られている日本のお米「ゆめにしき」「はるか」「みのり」など

明らかに日本から輸入されているお米は高いので、だいたいの家庭はヨーロッパ産の日本のお米を買うことになります。

ヨーロッパ産でも日本のお米と同じなのでストレスなく食べられますから安心してください。

ただ、日本で使っていた炊飯器をそのままドイツでも使っていても、一時帰国で食べる日本のお米のほうがおいしいと感じます。

炊飯器だけでなくドイツで買う米の質もあるということも考慮して決めるといいと思います。

 

 

壊れてしまったらこんな方法も

途中で炊飯器が壊れてしまったという話もよく聞きますがそんな時は新しいのを買う他にもこんな方法で対応しているママたちも

・フリマで調達

・お鍋でお米を炊く

タイミングが合えばフリマで調達したり、調達するまでのつなぎとして、鍋でご飯を炊くというママも。

実際鍋でご飯を炊くとおいしいので、結局そのまま炊飯器なしで生活しているという方もいます。

デュッセルドルフではアジアスーパーでも炊飯器が買えるし、ご飯を炊くにはいろいろな方法があるので自分の好きな方法を選ぶといいと思います。

 

トースター/フィッシュロースター

トースター

トースターはドイツにないと聞いてとりあえず買って持っていきました。

ドイツには時間がたつとパンが飛び出すトースターなら売っていますが、いろいろなものを入れて温められるトースターは入手が難しいです。

トースターを買ってよかったと思うところ

  • ちょっとパンを焼いたり、お餅を焼いたり お弁当用の冷凍食品を少量温めたりと小さくて手軽に使える
  • ドイツの備え付けオーブンは大きすぎてちょっと使うには余熱時間も含め時間かかる。
  • 少量しか使わないのにドイツの大きなオーブンを使うと掃除するのが大変なので使う量によって使い分けられるのがいい

 

おすすめは魚も焼けるフィッシュロースター

ドイツだと魚を焼くグリルがコンロについていないので、せっかく調達するなら魚が焼けるフィッシュロースターを購入したほうがよかったなと思っています。

 

お友達の家で見て知りましたが、フィッシュロースターってお魚だけでなく普通のトースターみたいに使えるんですよね。

ドイツはお肉の方が安いのでお肉料理になりがちですが、やはりお魚も食べたいところ。

アジアスーパーとかでも冷凍さんまが買えるのですが、一尾のまま焼けるフィッシュロースターがあればといつも思います。

我が家はフライパンなどで焼くのですが煙が出てしまうので(ドイツの家は換気扇がきちんと機能していない家が多いので本当に注意!)なかなか頻繁に焼魚はしません。

フィッシュロースターなら煙を抑えてくれる機能もあったりするので、お魚好きならフィッシュロースターおススメです!

 

変圧器が必要ですが、サンマが4尾同時に焼けてコスパもよくまる洗い出来ると人気NO1になっていたのがこちらのグリルでした。

私も持っていきたかった!!

 

換気扇について気になった方は下の記事で少し書いています。

目次2.2 トラブルを避けるためのチェックすべきポイントをチェックしてみて下さいね!

家
ドイツの住宅探し|子連れ駐在の時に考える物件選びの注意すべきポイント

ドイツで新たな生活をスタートさせるために重要な住宅探し。 海外赴任準備の中でも赴任先での住宅探しはとても大事な項目です。 駐在員の場合は、前任者の家を引き継ぐということもあり、既に住む場所が決まってい ...

続きを見る

 

ハンドブレンダー

離乳食用に買っていたブレンダーがあったのでこれもそのまま持ってきました。

今は、玉ねぎなどをみじん切りにしたりパン粉を作る時くらいしか使わないので必要な時に変圧器を通して使うので十分な頻度しか使っていません。

日本で持っていたこちらをそのまま変圧器を利用して使っています。


新しく買わずに日本から持ってきたので対応してて私は良かったと思っています。

もし使用頻度が高いなら現地で買う方がいいかもしれません。

 

おまけの話

ちなみにハンドミキサーはお菓子作りでよく使うようになったのでドイツのものを買いました。

ハンドミキサーはスーパーとかで安いものなら10€くらいから売っていて手軽に買えます。

 

 

ホームベーカリー

海外赴任時は持っていませんでしたが、途中でドイツの駐在妻開催のフリマで入手しました。
でもホームベーカリーはフリマでも欲しい人が多くていつも激戦なんですよね!

 

日本でホームベーカリーを使ったことがなかったので全くホームベーカリーを買うというかんがえにならなかったのですが、

ドイツに来るとドイツのパンも食べますが、やっぱり日本のパンが食べたくなります。

デュッセルドルフには日本のパン屋さんの食パンもあるからちょっと高めなものを毎回買うのもいいけれど・・・

我が家は朝はパン食派。夜にセットしておいて朝に日本の出来立て食パンを食べられるのは最高に幸せです!

 

日本のホームベーカリーを買ってよかったと思うところ

  • 説明書が日本語でストレスがない
  • ドイツは小麦粉バターが安いので気軽にパンが作れる
  • パンだけでなくピザ生地やうどんも作れる
  • ドイツのオーブンと組み合わせてメロンパンやアンパン・総菜パンなどもつくれる
  • クックパッドで日本のホームベーカリーを使ったレシピがたくさんあるのでレパートリーが増やせる
  • 一度にたくさんできても冷凍保存して子供のおやつにできる

 

ドイツに来てすぐは余裕がなくてパンなんて自分で作ってられないかもしれませんが、慣れてきて時間ができたらやりたくなるはずです(笑)

デュッセルドルフだと日本のパン屋さんもあり買えるけれど自分で作れると気軽に子供にも食べさせてあげることができるので、子連れママには超おススメ!

ホットプレート(たこ焼きプレートつき)

たこ焼きプレートつき!これ絶対です!

私は、海外赴任時に持ってきていなかったので一時帰国の時に持って帰れるくらいの小さなタコ焼き機を買いました。

赴任時にちゃんと調べて大きめのたこ焼き付きのホットプレートを買えばよかった今でも後悔。

日本ではたこ焼きを作ったことがなかったのですが、ドイツに来てからはかなり作っています。

たこ焼きなんて気軽に食べられないので、本当に食べたくなりますよ!

たこ焼きの粉やソース・道具類もわすれないでね!

以前こんなつぶやきもしています。

 

子供は家族だけでもたこ焼きパーティーをするのが大好き。

暇な日曜日とかのランチはこれで済ませてしまうこともよくあります。

お友達が来た時にも粉を混ぜて焼くだけでイベント感が出るのでかなり出番が多いですよ。

プレートではお好み焼きやバーベキューとしても使えるので大きめを持っていた方がいいですね!

買うなら1台で3役の便利なプレートがおすすめ!

 

 

流しそうめん器

子供がいるなら特におすすめ!

我が家の流しそうめんは電池式です。

ドイツの家は夏に冷房がないので結構つらい時期があります。

そんな時に使う流しそうめんグッズは見てもよし・食べてよし・楽しむのもよしと大活躍のアイテムです。

夏にお友達が来たときはそうめんだけでなくフルーツを流したりして楽しむこともできるので一つ持っていると楽しい夏を過ごせます。

 

流しそうめんもいろんなタイプがあるので好きなものを見つけて下さい!

かき氷器

これも自宅に持っていたので手動式の小さいものを持ってきました。(家電ではありませんか紹介します!)

ドイツでスラッシュは売っているのですがかき氷はあまり売っていません。

シロップはデュッセルドルフではアジアショップで買うことができます。

何度も言いますが、夏に自宅に冷房がないので、冷たいものめちゃくちゃ食べたくなるんですよ!!

今日はアイス・明日はかき氷・明後日はゼリーなど色々変えるのも楽しいので、かき氷器おススメです。

ドイツ人のお友達に子のかき氷をあげた時にもシロップがおいしいのか大好評!

ドイツ人との交流にも一役買ってくれました。

手動のかき氷器で十分!夏の暑い日においしいかき氷をクーラーのないドイツの家の中で食べると本当に最高です!

 

まとめ

今回は子持ち駐在ママの日本から持ってきてよかったものや欲しくなって後から追加したキッチン家電を紹介しました。

今回のおさらい

  • 炊飯器
  • トースター
  • ブレンダー
  • ホームベーカリー
  • ホットプレート
  • 流しそうめん器
  • かき氷器

ドイツ生活の中では今まで普通に買って食べていたものが食べられなくなってしまったり、高価なものになってしまい買いたいけれど買い控えるという心理がどうしても発生します。

そうしたら、もう自分で作るしかないんです。

そんな時に助けてくれるのが日本のキッチン家電。

日本からドイツに来てから変わった考え方は

ないものは買う→→→ないものは作る

 

子供に日本の食文化を伝えたいときにも日本のキッチン家電は絶対に役に立つはずです。

毎日キッチンに立って料理をする必要があるので、使い慣れている家電をキッチンに置いておくだけで生活のストレスがぐっと下がります。

ちなみにデュッセルドルフだと2020年現在ほとんどの家電製品を無料で引き取ってもらえます。

私もいくつか既に回収してもらいましたが、一度も料金はかかっていません。

使わなくなったらいつでも処分できるというところも安心なので迷ったら日本から持ってきちゃいましょう!

今回紹介した中でピピっと来たものがあったら是非海外赴任時に持ってきてくださいね!

日本から持ってくるものはジャンル別にこちらの記事にすべてまとめています。

スーツケース
ドイツ赴任&海外引越準備で日本から持っていくものリスト総まとめ!日本で買っていこう

ドイツへの海外赴任準備で日本から何を持っていけばいいのか? 実際ドイツで子連れで駐在生活を送っているママ目線で、日本から持っていった方がいいものリストをまとめてみました。 同じものでも日本とドイツの製 ...

続きを見る

 

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-海外赴任・駐在準備

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ