海外赴任・駐在準備

ドイツ海外赴任|引越準備の流れと注意すべき3つのポイント

ライン川とラインタワー

sponsored link

海外赴任が決まったけどスケジュールがタイトなのにやることが多すぎて何から準備していけばいいかわからない!

今そんな気持ちではないですか?

現在私は、ドイツのデュッセルドルフに5年以上駐在妻として生活してます。

実際私も、夫の海外赴任が決まった時に引っ越し準備をしましたが、本当にやることが多くてパニックになりそうでした。

 

それぞれ引っ越しの準備や日本の手続きの項目を検索すれば詳しく載っているのですが、

やることが情報が多すぎて注意すべきポイントがわかりずくて困ったことを思い出します。

何かやりわすれていることはないかな?

いつもそんな不安でいっぱいでした。

 

しかも海外赴任の場合は通常どの家庭も同じだと思うのですが、先にご主人が赴任先に行ってしまい、最終的な日本での手続きはすべて妻が行うことになります。

わが家も同じく赴任が決まってから2か月後には先にドイツにいってしまい、その後のことは残った自分がすべてしていかなければならないということがわかり

えー!一人で先にいっちゃうの??

とかなり焦りました。

今回のケースは 海外赴任時に共働き・子供アリの状況の場合のポイントが多いかと思いますが

過去の自分を振り返って、海外赴任準備の中でも特に注意したほうがいいポイントをまとめてみたいと思います。

 

ちょっとその前に・・・・

海外赴任準備に行く前にまずは、ご主人が単身で行くのか家族も一緒に帯同で行くのかはしっかり決めましたか?

まだどちらにしようか悩んでいる方は、まずはこちらの記事を確認して、どうするか決めてから引っ越しの準備を進めることをお勧めします。

ライン川風景
ドイツ海外赴任に帯同する?しない?後悔しないための2つの大事なポイント

海外赴任が決まった! そうご主人から聞いた時にまず考えるのが単身で行ってもらうか家族一緒に帯同するかということ。 海外での駐在生活はなかなかないものだし、子供達にもいい経験になるということもあるのです ...

続きを見る

 

 

 

こんな方におすすめ

  • 海外赴任が決まりやることが多すぎて何をどのように進めたらいいか整理したい方
  • 手続きの中で注意したいポイントを知りたい方

 

 

海外赴任準備の流れ

まずは海外赴任準備の流れを確認しておきましょう

 

step
1
海外赴任を単身で行くのか家族で帯同するのかを決める

いまはココ!

step
 引っ越し準備/日本の手続きを始める

step
海外赴任先の住居探し&学校の見学

 

流れとしてはこんな感じです。

今回はSTEP2の引っ越し準備と日本の手続きについての注意すべきポイントを紹介したいと思います。

 

①引っ越し準備のポイント

スーツケース

引っ越し準備は大変ですが、引っ越し業者の人が的確にスケジュールも含め相談に乗ってくれます。

 

海外赴任の引っ越しだと航空便・船便・残すものなど分別シールを貼っておけば梱包はしてくれるケースがほとんどなので、私も、小さい子供を抱えながら引っ越しを何とか乗り切ることができました。

 

引っ越し準備の大事なポイントとしてはこの3つ

  • 自分の持っていきたいものが持っていける引っ越し業者を選ぶ
  • 引っ越しで送れないものを確認してから赴任地へ持っていきたいものを購入する
  • 船便が2回あれば1便目にできる限り持ち物を送る

 

ココをしっかり押さえれば無駄や失敗がないと思いますのでそれぞれ詳しくみていきましょう!

 

 

引っ越し業者の選ぶポイント

引っ越し業者によって丁寧さにも違いがあるかもしれませんが、業者を決めるポイントの一つとして

自分の持っていきたいものが持っていけるのか確認する

これが結構大事だと思います。

 

たとえば、赴任先に電動自転車を持っていきたい場合、リチウムイオンバッテリーの扱いが業者によって異なり、リチウムイオンバッテリーを扱ってくれる業者を選んだという話もききました。

特に子供を乗せられる電動付き自転車は海外では手に入らないので是非持っていきたいところ。現地でも使っている人がいるか確認して使えるのであれば、引っ越しで取り扱ってくれる業者を探すというのも一つのポイントですね。

 

会社によって引っ越し業者が決まっていて指定できないケース

複数の会社に見積もりを出して一番価格の低い業者を指定するケース

などもありますがもし、引っ越し業者を選べるとしたら、是非見積もりの時に確認してみてください。

 

 

引っ越しで送れないものを確認してから赴任地へ送りたいものを購入する

これも海外赴任あるあるで、業者によっても基準が色々あるようです。

送りたくて準備したけれど梱包してもらえなかったということもあるので見積もりなどの際に

送れないものに何があるのかチェックしておきましょう。

特に食品系は船便で赤道付近を通り高温状態が続く場合もあります。

実際、みその風味が結構変わってて。もったいないから使ったけど・・・

実際に日本から持って行った方がよかったものは別の記事で紹介したいと思います。

 

船便が2回あれば1回目になるべく多くの荷物を送る

引っ越し業者さんからも言われると思いますが、引っ越しの荷物が現地につくまでドイツだと2~3か月かかります。

日本で必要なものはすぐに調達できますが、慣れない場所で買い物をするのは大変なのでできるだけ荷物が早くそろったほうが精神的にも楽です。

 

ドイツに到着してから早く船便来ないかな~と船便の到着を心待ちにしていました

 

2回目の船便はすべての荷物を分けて家を空にする必要があるのでたくさん物がある状態だと頭も混乱します。

本当に最後まで使わないといけないと思うもの以外はどんどん1回目の船便に乗せてしまいましょう。

 

②日本の手続き

パスポート

日本の手続きはたくさんありますが、その中でも気を付けておきたいポイントを紹介したいと思います。

  • 持ち家をどうするか ①売却②賃貸③空き家
  • 国際免許証の作成&免許証の更新
  • 妻が海外赴任の帯同に伴い退職した場合失業保険延長手続き

 

その他にもなどたくさん

車がある場合車の売却

銀行・保険等住所変更

公共料金の停止

郵送物の転送

住宅ローン関係

海外赴任ガイドのチェックリストは会員登録をすると管理できるので手続きをしておくと便利です。

海外赴任準備チェックリスト/海外赴任ガイド

 

それでは、私が注意が必要だと思ったポイントの部分を紹介したいと思います。

 

持ち家をどうするか?

持ち家を持っている人は自宅をどうするのかこの3択です。

  • 売却する
  • 賃貸にする
  • 空き家のままにする

 

 

我が家はマンション購入したてだったので、売却は考えておらず、賃貸にするか空き家のままにしておくかで考えました。

いろいろ検討した結果、最終的に空き家のままを選択

【私たち家族が空き家にした理由】

空き家のメリット

  • 空き家ならどのタイミングで辞令が出ても帰れる場所がある。
  • 空き家なら一時帰国の際にそのまま自宅を利用できる。

 

賃貸のデメリット

  • 賃貸をしていると帰国のタイミングによっては自分たちの自宅に帰れず物件を探さないといけない。
  • 自分たちの家に戻れなかった場合自分の家が空いた後に自分たちの費用でもう一度引っ越しをしないといけない。
  • その場合、学区によってはもう一度子供が転校しないといけない。
  • マンションだったため賃貸の人とトラブルがあった場合にご近所さんに迷惑がかかる。
  • 使用状況によってはリフォームも必要になる。

 

空き家にした場合のデメリット

  • 月に一回清掃・換気・点検の立ち合いをしてくれる留守管理というサービスをお願いしたためにかかる費用の負担
  • 賃貸などの収入が全く入ってこない
  • 固定資産税や住宅ローンの支払いは続き加えて留守管理の費用も出費になる

 

留守管理は月に1回1時間1万円弱の出費です。実家の両親が近くにいる場合はお願いするのもいいかもしれません。

 

期間が長いことが分かっていれば賃貸という選択肢もあったのですが、海外赴任の期間が急に変わることも海外駐在にはつきもの。

  • 5年くらいのつもりで来ていたのが2年くらいに短縮になり賃貸に出していたので、自分の自宅に戻れなかったというケース
  • 子供は成長して、以前の自宅は小さすぎるからそのまま賃貸として貸して自分たちの今の状況に合わせた住宅を探すというケース
  • すぐに帰れるように空き家にしておいたのに、駐在生活が長引いてしまい賃貸にすればよかったというケース

 

色々予想を立てていてもうまくいかないこともあります。

物件は

①売却する

②賃貸にする

③空き家にする

どれを選択するかで手続きが変ってきます。

家族でよく話し合って、早めにどうするかを決めて手続きを進めていきましょう!

ココに注意

賃貸・空き家どちらにしても、持ち家を所有して海外赴任する場合、納税通知書が間違いなく届くよう納税管理人を指定しておくことが大事です。詳しくは物件がある管轄の市区町村に確認してみましょう。

 

納税通知など連絡を海外には送ってもらえないので、私は、実家の両親に納税管理人をお願いしました。
実際駐在生活中に聞いた駐在妻たちの持ち家の選択はどうだったのかはこちらでまとめています。
海外赴任自宅
海外赴任で自宅はどうする?駐在妻達に聞いた持ち家やマンションの選択肢

みなさんこんにちは!デュッセルドルフで駐在生活中のママこまちです。 海外赴任で、とても悩むのが持ち家のこと。 持ち家がある場合、たくさんやることあるのに自宅やマンションをどうするかが悩みの種です。 選 ...

続きを見る

免許証の更新&国際免許証

ドイツに来たら、少なくとも1台は車を所有して運転することになると思います。

その為、運転免許証の書き換えは必ずすることになるかと思いますが、

例えば、ドイツで車を運転する場合は日本の免許証と国際免許証を携帯していれば6か月は運転が可能です。

ドイツ連邦共和国総大使館総領事館/運転免許証について

他の地域の方は海外赴任先の大使館のホームページなどで必要な手続きをチェックしておきましょう。

 

ドイツの場合6か月以内であれば試験なしでドイツの運転免許証に手続きのみで書き換えが可能なので便利。

駐在妻も運転する方が多いです。少しでも運転の可能性がある場合は手続きをしておきましょう!

 

ココに注意

切り替えの時点で日本の運転免許証の期限が1年以上あることが必要です!

期限をチェックして期限がギリギリの場合は国際免許証の申請と同時に運転免許証の更新もしておいたほうがいいですね。

 

妻が退職した場合失業保険延長手続き

海外赴任に伴って、退職という道を選んだ場合、失業保険の延長手続きができます。

退職をした方は、是非忘れず手続きしてください!

基本的には失業保険は働く意思がある人が給付できるもの。

残念ながら海外に帯同するということが決まっている今は受け取ることができません。

でも、出発前にしっかり手続きをしておくことで退職した日から最大4年、帰国後に失業保険を受け取るように失業保険受け取りの時期の延長ができる制度があります!

お住いの地区によって届け出方法や時期も異なるので実際にハローワークで確認して是非手続きをしてみて下さい!

《失業保険の受給期間を延長するための持ち物》

・失業保険の受給期間延長申請書(ハローワークでもらえます)
・雇用保険被保険者離職票1と2
・印鑑
・身分証明書(運転免許証など)
・夫の海外赴任が証明できるもの(辞令のコピーなど)
・出国日が分かるもの(航空券のコピー、ビザ、パスポートのスタンプのコピーなど)

引用:転勤族と女性の為の家計相談/海外赴任の準備退職時期によって変わる?帯同する妻の退職後の失業保険手続き

 

ココに注意

必要書類に夫の海外赴任が証明できるもの。辞令のコピーでいいのですが、私はこの手続きができることを夫がドイツへ旅立ってから知ってあわてて探して送ってもらいました。辞令は海外赴任が決まって最初にもらうものなのでしっかりもらった時点でコピーを取っておくといいですよ!

 

せっかく手続きしたけれど4年過ぎてしまったので、私の場合は受給資格がなくなってしまいました。

 

まとめ

ポイントを絞ったつもりでもそれだけで大量な情報になってしまいました。

これは、たくさんある手続きの中で、私が注意が必要だと思ったポイントです。

家族構成などによっても気を付けるべきポイントがちがう事もあるかもしれませんが、

もう一度引っ越し準備と日本の手続きの注意すべき3つのポイントをまとめてみましょう!

 

引っ越し準備の3つのポイント

  1. 引っ越し業者を選ぶポイント
  2. 送れないもののを業者に確認する
  3. 船便1回目になるべく多く送る

日本の手続きの3つのポイント

  1. 持ち家を売却・賃貸・空き家どれにするか決める
  2. 免許証・国際免許証の発行
  3. 妻が退職した場合の失業保険延長手続き

 

いろいろやることが多くて頭が混乱してしまうと思いますが、まずは家族の方針をしっかり決めてそれに沿って1つ1つ準備していってくださいね!

応援しています!

step3の住宅探し&学校選びはコチラでまとめています。

家
ドイツの住宅探し|子連れ駐在の時に考える物件選びの注意すべきポイント

ドイツで新たな生活をスタートさせるために重要な住宅探し。 海外赴任準備の中でも赴任先での住宅探しはとても大事な項目です。 駐在員の場合は、前任者の家を引き継ぐということもあり、既に住む場所が決まってい ...

続きを見る

カラフルなビル
ドイツ駐在子供の教育|学校選びでおさえておくべき3つのポイント

海外赴任準備の中でも子供が帯同する場合、ドイツで子供の教育をどうするか学校の選び方というのは、とても重要なものです。 駐在期間やお子さんの年齢にもよっても変わってくるところ。 せっかくドイツに行くのだ ...

続きを見る

持ち家をどうするかについてはコチラから

海外赴任自宅
海外赴任で自宅はどうする?駐在妻達に聞いた持ち家やマンションの選択肢

みなさんこんにちは!デュッセルドルフで駐在生活中のママこまちです。 海外赴任で、とても悩むのが持ち家のこと。 持ち家がある場合、たくさんやることあるのに自宅やマンションをどうするかが悩みの種です。 選 ...

続きを見る

 

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-海外赴任・駐在準備

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ