ドイツの行事

ドイツのカーニバルの特徴!有名なデュッセルドルフとケルンとの違いも紹介!

カーニバルドイツ特徴

sponsored link

皆さんこんにちは!
デュッセルドルフで駐在中のデュッセルママこまちです。
ドイツで2月~3月といえばカーニバルの時期。

ドイツのカーニバルの中でも3大カーニバルとして有名なのが デュッセルドルフ・ケルン・マインツの3都市!

とくにカーニバルが盛り上がる地域では春夏秋冬の4つの季節に加えてカーニバルの時期を「第5の季節」と呼ぶほど大事な季節なんです。

2021年はカーニバルは中止ですが、ドイツのカーニバルの流れについてと最大に盛り上がるローゼンモンターク(バラの月曜日)のパレードに実際行ってみて感じたデュッセルドルフとケルンのカーニバルの特徴や違いについてご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • ドイツのカーニバルについて知りたい方
  • デュッセルドルフとケルンの違いについて知りたい方

ドイツのカーニバル

地域によって違いがある場合もあるかもしれませんが、カーニバルで盛り上がるデュッセルドルフではカーニバル一番盛り上がる2~3月にかけての時期だけでなくじつはもっともっと前からひっそり始まっているんです。

カーニバルの始まりは11月!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

❤Düsseldorf⚓❤(@ksd0211)がシェアした投稿

カーニバルは地域によってドイツ語で「Karneval(カルネヴァル)」「Fastnacht(ファストナハト)」「Fasching(ファッシング)」などと呼ばれています。

デュッセルドルフの場合、11月のカーニバルの精霊ホッペディッツ(Hoppeditz)の目覚めから始まります。
この目覚めは11月11日11時11分と11が並んだ時刻にデュッセルドルフの旧市庁舎前で行われいます。

この目覚めはデュッセルドルフならでは!デュッセルドルフ名物のマスタードから精霊が登場します!

デュッセルドルフでは伝統的なツボに入ったマスタードも売られています。

マスタード

 

裏にもしっかり地名のデュッセルドルフがはいっています。来た際にはぜひこのマスタードもお土産に買っていってくださいね!

 

マスタード裏側

 

この11月11日はもう一つドイツの子供たちが楽しみにしている聖マルティンの行事があります。
こちらに関してはこちらの記事でまとめています。

ドイツの伝統行事!ラタルネ輝くマルティン祭で何するの?意味や参加方法まで紹介します!

11月のドイツの宗教的な伝統行事としてマルティン祭があります。 このマルティン祭、お店や家を回って歌を歌うとお菓子などがもらえるということもあって ハロウィンに似たものだと思われる方もいるのですが、全 ...

続きを見る

カーニバルのハイライトはいつから?

 

カーニバル

 

カーニバルの日程は毎年変わります。
毎年2月~3月の間にあるのですが、カーニバルは、「イースターの前の40日間の断食の期間の前のたくさん食べる期間」とされていいます。
その為、イースターの日程から逆算しているため毎年はっきりこの日と決まっていません。

2021年はすべてのイベントが中止になっていますが、日程としては2021年2月11日(木)から!

 

カーニバルは古くからヨーロッパを中心に春の訪れを祝う風習として根付いていましたが、それを12世紀ごろからキリスト教が受け継いで復活祭と結びつき、現在のように羽目を外して騒ぐスタイルになったのはカーニバル委員会が主催するようになってからのようです。

カーニバル委員会の設立

  1. 1823年:ケルン
  2. 1825年:デュッセルドルフ
  3. 1838年:マインツ

 

街中が仮装した人であるれるのはカーニバル本番の木曜日からの6日間

 

カーニバル電車

11月に目覚めたホッペディッツ。2~3月のカーニバル本番の週の木曜日から一気に町中は仮装の人であふれます。
そう有名なローゼンモンタークの日だけではなくその前の木曜日から仮装をして外に出始めます。

この木曜日からカーニバルの終わる水曜日までそれぞれ曜日に名前がついています。

  • 木曜日 「女性のカーニバル」Weiberfastnacht(女性が主導権を取り男性はネクタイを切られる日。)
  • 土曜日「カーネーションの土曜日」Nelkensamstag
  • 日曜日「チューリップの日曜日」Tulpensonntag
  • 月曜日「バラの月曜日 」Rosenmontag(カーニバル最大のハイライト)
  • 火曜日「スミレの火曜日」Veilchendienstag
  • 水曜日「灰の水曜日」 Aschermitwoch(ホッペディッツが仮装されて灰になり11月まで眠りにつきます。)

このカーニバルの週はデュッセルドルフの町の中は仮装の人をよく見かけます。

特にハイライトの月曜日は、どこを見ても大人も子供もみんな仮装した人たち。

電車に乗ってる人も車を運転している人も仮装・仮装・仮装!
街を歩くだけでも結構楽しめます。

それでは、カーニバルの最大のハイライトローゼンモンタークのデュッセルドルフとケルンの両方に参加してみて感じたそれぞれの特徴をご紹介したいと思います。

デュッセルドルフのカーニバルの特徴

 

デュッセルドルフ

2020年のデュッセルドルフのカーニバルは、参加人数12,000人。

パレードの距離は5キロ。
最初から最後までパレードを見ていると大体3時間くらいかかります。

掛け声はHELAU!(ヘラウ)

カーニバル

デュッセルドルフのカーニバルで覚えておくべき合言葉は「HELAU!(ヘラウ)」です。
これは、れはデュッセルドルフの時だけ。
ケルンの掛け声は違うので注意しましょう!

右手で大きく半円を描くように手を右から左に動かしながら叫びます!

カーニバルで配られるおかしカメレ(kamelle)

お菓子 カメレ

カーニバルでは、まるでディズニーランドのパレードのようなおおきな山車に乗った人々が次から次へと通っていきます。
ドイツのカーニバルでは、その山車にのった人が上からお菓子を沿道の人たちに投げたり、山車に乗らずダンスをしながら行進している人から直接お菓子をもらえたりすること。

お菓子が雨のように上から降ってくる体験は生まれて初めて。

日本だと食べ物なげちゃっていいの~って思いますが初めての体験に
大人でも興奮しますね~!

地面に落ちたお菓子を大人も子供も競って取る光景はとても面白いです。

デュッセルドルフではカメレーと叫ぶより「ヘラウ」といってパレードをしている人の気をひいてお菓子をもらう人が多かったと思います。

デュッセルドルフの特徴

  • 掛け声はHELAU!(ヘラウ)
  • お菓子はグミやソフトキャンディーが多い。
  • ボールやぬいぐるみ・お菓子を入れる袋なども投げられる。

ケルンのカーニバルの特徴

カーニバル

デュッセルドルフから車で40分ほどの距離にあるケルン。
ケルン大聖堂でも有名なケルンのカーニバルはデュッセルドルフより規模が大きいです。
2020年のローゼンモンタークの参加人数はデュッセルドルフと同じく12,000人ですが、パレードの距離は8キロ。
あまりにも長いので途中で帰りました。
最後までいると5~6時間くらいかかると思います。
お菓子の重さはなんと300トンほどだったようです。

掛け声は「Alaaf!」(アラーフ)

デュッセルドルフと違って合言葉はアラーフ!です。
デュッセルドルフとケルンはお互いライバル意識があるようなので、掛け声は間違えないように気をつけましょう!
周りに合わせていれば全く問題ありません。

ケルンはお菓子と花がくばられる!

ケルンカーニバル

初めてケルンのカーニバルに行った時に感じたのが、お菓子だけでなく配られる花の多さ!
デュッセルドルフでも花は配られますがほんとに少しだけ。
でもケルンは本当にたくさんのパレードの人が花を準備していてたくさんもらえれば本当に花束になります。
隣にいた若い女性は、おかしのkamelle(カメレ!)ではなくおそらく・・・straußchen(ストラオスヒェン=小さい花束の意)と言っていました。
そして、たくさんもらい花束のようになっていました。
たくさん花をもらいたい場合はケルンがおすすめです。
また、ケルンにはチョコレート博物館があるからなのか、お菓子もチョコやチョコ入りウェハースが多かったと思います。

デュッセルドルフの特徴

  • 掛け声はAlaaf!(アラーフ)
  • お菓子はチョコやチョコウェハースが多い。板チョコも普通に投げられていました。
  • お花が欲しい場合はお菓子のカメレ!ではなくと「ストラオスヒェン」と叫んでアピール
  • 全体的にお菓子はチョコ系が多く1つ1つの量も多め。
  • デュッセルドルフと同じくおもちゃやボール・袋なども配られる

 

【期間限定】2020年のローゼンモンタークの映像

カーニバル

 

2021年は残念ながら、カーニバルは中止となっています。
カーニバルの時期にはテレビなどで昨年の映像も放送されるようですが、すでにインターネットなどでもケルンとデュッセルドルフのカーニバルの動画が配信されていました。放送期限があるので、期限までに興味のあるかたはそれぞれの違いに意識しながら見てみると楽しくリモートカーニバルが楽しめるかもしれません。

2020年デュッセルドルフのローゼンモンターク

ドイツのテレビ局WDRの放送です。
全部で3時間と長丁場です。2021年2月24日まで配信されています。

WDR2020年デュッセルドルフのローゼンモンターク

2020年ケルンのローゼンモンターク

ドイツのテレビ局WDRの放送です。
とても長く3つに分かれていますが、1/3はほとんど開会式・3/2くらいからパレードが始まります。
全部見ようとすると6時間くらいになってしますので気になるところを見てみて下さい。
2021年2月24日まで配信されています。

WDR2020年のケルンのローゼンモンターク

 

まとめ

2021年はカーニバルは中止ですが、2022年以降再びみんなが集まってカーニバルが楽しめる日が来ることを期待したいですね。

2021年おうちでカーニバルを楽しむ方向けの情報はこちらにもまとめています。

ドイツのカーニバル2021
ドイツのカーニバル2021!おうちカーニバルの楽しみ方

皆さんこんにちは! デュッセルドルフで駐在妻生活中のデュッセルママこまちです。 デュッセルドルフといえば3大カーニバルの都市といわれるほどカーニバルが盛り上がる場所です。 2021年は町の中もすでにカ ...

続きを見る

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-ドイツの行事
-

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ