クリスマス

ドイツの聖ニコラウスの日!プレゼントをくれるのはサンタクロースだけじゃないクリスマス文化

ニコラウス

sponsored link

ドイツで12月6日は聖ニコラウスの日。
12月5日の夜、子供たちはいい子にしているとニコラウスからプレゼントがもらえる日とあってウキウキしています。

プレゼントを持ってやってくるところがサンタクロースと似ていませんか?

聖ニコラウスとはどんな人だったのか?

ドイツ生活で初めて知ったニコラウスのお供の存在。

そして、お隣の国オランダとの違いも発見!

ドイツ生活で感じたドイツのクリスマス文化の1つ聖ニコラウスの日についてまとめてみました。

こんな方におすすめ

  • 聖ニコラウスについて知りたい方
  • ドイツ生活で知った聖ニコラウスの文化について感じたことを知りたい方

 

聖ニコラウスの日(Nikolaustag)

ニコラウスの日

聖ニコラウスの日(Nikolaustag)は12月6日です。

聖ニコラウスが子どたちにプレゼントを届ける日になっていて子供たちはとても楽しにしている日です。

前日の12月5日の夜寝る前に子供たちが靴を磨いてから玄関の戸口に靴や長靴・靴下を出しておくと聖ニコラウスがやってきて木の実やフルーツ・お菓子などを入れていってくれるというもの。

 

聖ニコラウスとはどんな人

サンタとニコラウス

聖ニコラウスに関しては諸説あると思いますが、ドイツ語の先生に教えてもらった聖ニコラウスのお話を紹介します。

ニコラウスは4世紀ごろ実在した人物で現在のトルコで生まれました。

Myra(ミラ)という町の司教をしていたのですが、多くの貧しい人達や困った人たちを助けた話があります。

ニコラウスの日の習わしの起源のお話

貧しくて3人の娘を売りに出さなければならない家がありました。それを知ったニコラウスは

お金をえんとつから投げ入れて助けます。

そのお金が暖炉の横に置いてあった靴の中に入ったのが聖ニコラウスの日の習わしの起源ともいわれています。

ドイツ語ですが、子供向けの絵本もあるので関心がある方はこういったものを購入してみてみるのもいいかもしれません。

 


Die Geschichte vom heiligen Nikolaus: Mit dem Lied "Lasst uns froh und munter sein"

 

聖ニコラウスのお供

 


昔の聖ニコラウスはお供を連れていて、そのお供がちょっと怖いお供なのでそのお話を!

Knecht Ruprecht(クネヒト・ループレヒト)という黒服で鞭と大きな袋を持った従者。

聖ニコラウスはすべての子供の1年の行いが書いてある金色の本を持ち歩いていて、そこを見れば1年いい子にしていたか分かってしまうそうです。

もし悪い行いをしていることがわかると、聖ニコラウスの隣にいるクネヒトループレヒトが鞭でたたいて持っている大きな袋に入れて連れていかれてしまうという恐ろしいお供なんです!!

ニコラウス

ドイツ語の先生も、子供のころ学校に聖ニコラウスとお供のクネヒトループレヒトがやってきて本を見ながらひとりずつ今年はいい子だったか確認されるとき本当に怖かったといっていました。

今でも、幼稚園や学校に聖ニコラウスやループレヒトがやってきてくれるところもあるようです。

 

オランダとの違い

オランダニコラウス

私の住んでいるデュッセルドルフはドイツの西部にあり、オランダまで車で30分くらいの近いところ。

12月にの上旬にオランダのおもちゃ屋さんに行ったところ、聖ニコラウスに会いました。

でもお供がドイツと違うんです!

オランダのお供はズワルトピート(Zwarte Piet)というカラフルな服装のかわいいお供。

お隣のオランダでは、聖ニコラウスはシンタクラース(sinterklaas)とかシント-ニコラース(sint-Nicolaas)と呼ばれているのですが、ドイツと同じくミラの司教だった聖ニコラウスが起源といわれています。

 

wikipediaなどで調べると、オランダでは伝統的にシンタクラースは11月ごろにスペインからお供のズワルトピートとともに船で到着するところから始まり、盛大にパレードが行われるようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@vim02bgがシェアした投稿

 

クリスマスの文化は国によって少し似ていてちょっと違う。

オランダとドイツの違いを感じられるのも興味深いです。

 

まとめ

クリスマス以外にもプレゼントがもらえる聖ニコラウスの日。

日本ではあまりなじみがないですが、聖人ニコラウスの慈悲深い行いを感じる大事な日。

ドイツでクリスマスの時期にプレゼントをくれるのはサンタクロースだけではなかったんです。

そして、同じ日を祝うにしても、ドイツとオランダで違いがあるように少しずつ国や地域によっても違いがあるクリスマスの文化は何年生活していてもいつも興味深いです。

ドイツで生活を始めたら是非ニコラウスの日を聖ニコラウスのお話と共にお子さんと一緒に祝ってくださいね。

 

ドイツのクリスマスアドベントに関してはこちらにまとめています。

アドベント
ドイツのクリスマスに欠かせないアドベントを楽しむ3つのアイテム!クランツ(リース)やカレンダーはいつから?

ドイツのクリスマスといえば、クリスマスマーケットが有名ですよね! 日本だとキリストの生誕の12月24日と12月25日だけが盛り上がりますが、 ドイツではその4週間前からキリストの誕生を待つための大事な ...

続きを見る

聖人ニコラウスと同じく聖人で有名なマルティンに関してはこちらの記事でまとめています。

ドイツの伝統行事!ラタルネ輝くマルティン祭で何するの?意味や参加方法まで紹介します!

11月のドイツの宗教的な伝統行事としてマルティン祭があります。 このマルティン祭、お店や家を回って歌を歌うとお菓子などがもらえるということもあって ハロウィンに似たものだと思われる方もいるのですが、全 ...

続きを見る

その他デュッセルママのインスタでは、ドイツ生活の初期で知りたかった気になることをさくっとまとめて投稿しています。

ドイツ生活に興味のあるかたはフォローしていただけると嬉しいです。

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-クリスマス

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ