ドイツ生活情報

ホームドクター受診のすすめ!ドイツ駐在初期に受診するべき理由

家と聴診器

sponsored link

ドイツでの駐在生活が始まった当初、やることが多くて優先順位がわからずに先輩ママにこんな質問をしてみました。

生活スタート時になるべく早めにしておいた方がいいことってありますか?
健康なうちに一度ホームドクターに受診しておいた方がいいよ!

健康なのにホームドクターに受診していいんだ!?

そんな発想は全くなかったのでこの考えにびっくり!

なぜ健康なうちに受診したほうがいいのか今回はその理由についてご紹介していきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • ドイツのホームドクターについて知りたい方
  • 健康なうちにホームドクターに受診する理由について知りたい方

ドイツの医療システム

ホームドクターとは?

ドイツではホームドクター(家庭医)制度になっていて、まずは医者に受診したい場合はかかりつけ医を決めてホームドクターを受診するシステム。

日本のように、自分で症状から判断して受診する科を決めるのではなく、

まずは、ホームドクターで受診して、専門医の治療が必要だと判断された場合に紹介状を持って紹介された病院に行くようになります。

最初は日本のように自由に好きな科を受診したいと思いましたが、信頼できるホームドクターが見つかれば、自分の体の状況によって的確に専門医を紹介してもらえるので慣れない病院に行く場合でも安心して受診することができます。

ちゃんと現在の症状についてもホームドクターから紹介されているので診察時もスムーズ!

 

 

健康なうちにホームドクター受診のすすめ

先輩ママ曰く健康な状態で受診する理由は

  • 健康な時と病気になった時との顔色や雰囲気など比較して状態を判断してもらえる
  • ドイツで必要な予防接種の確認をして必要があれば予防接種を受ける準備ができる
  • 診療所の場所や受診の流れを把握しておけるので体調が悪いときの精神的ストレスが少ない
  • 薬を購入する場合のため診療所近くの薬局も確認しておける
私も、実際経験してみて元気なうちに受診しておいて本当によかったと思いました。

一つ一つについて詳しく紹介しますね!

健康な時と病気の時の状態を比較して状態を判断してもらえる

特にドイツ人の医師の場合これは重要だと感じます。

デュッセルドルフの場合、日本人の医師やドイツ人の医師でも通訳さんがいて日本語で対応できるケースがほとんどですが、それでも、健康な状態を一度見ておくというのは先生に体調の違いを比較してもらうのに重要な情報になります。

日本人とドイツ人の肌の色や体質も違うので、健康な時を一度見てもらっているということは、言葉で説明するよりかなり有効な情報ですよね!

ドイツで必要な予防接種の確認

予防接種手帳

渡航前の健康診断で必要な予防接種を受けてきましたが、念のため確認してもらったところ追加で接種したほうがよい予防接種が大人でもありました。

子供に関しては、日本での予防接種の履歴と照らし合わせて今後の予防接種の計画を立ててくれます

健康なうちでも、相談することは結構あるんだなと実感!

余裕をもって今後の相談ができてよかったと思いました。

 

診療所の場所や受診の流れを把握しておける

最初のころは、いろんな場所を見つけるのにすごく時間がかかるんです!

初めて診療所を受診した時に入り口を見つけて中に入るのにも苦労しました!

日本での診療所のイメージって大きな看板が掲げられているのですぐ見つかるイメージですよね。

その感覚でドイツで診療所を探すと見つかりません。

ドイツの診療所は壁に小さくドイツ語の看板があるのみ。

駐在初期にこれをすぐに診療所と判断できずうろうろしてしまいました。

 

診療所は通常、入り口のインターホンを押してカギを開錠してもらい中に入るシステム。

ドイツは店舗やレストラン以外の建物は通常入り口のドアはカギがかかっています。

インターホンを押したあとビーっと音が鳴っている間にドアを押します。失敗してしまったらもう一度インターホンを押して開錠してもらいましょう

インターホンを押して中に入るということだけでも結構慣れるまでは手間取ります。

一度行ったことがあるとか一度受診したことがあるという経験が心のゆとりにつながるということに受診して気づくことができました。

診療所近くの薬局を確認できる

薬局

診療所で処方箋をもらって薬局で薬を処方してもらいます。

日本と同じようにどこの薬局でも処方箋さえ持っていけば買うことができます。

でも、診療所近くの薬局で購入するのがおススメです。

ココがおすすめ

診療所近くの薬局の方が、先生がよく処方する薬を心得ているのかきちんと在庫がある場合が多いです。

また、先生指示の薬がなく別の種類の処方ならできるとなった場合に、処方箋の書き換えをお願いしたりするなんてこともありました。

近くの薬局の場合すぐに診療所に戻ることができるので、やはり行くのは診療所近くの薬局にしておきましょう!

 

まとめ

今回、ドイツの駐在生活初期にしたほうがいいこととして、ホームドクター受診を紹介しました。

健康なうちに一度受診すると決めておけば、どこの診療所に行くのかリサーチも含めしっかり準備ができます。

慣れないドイツ生活初期に日本での引っ越し準備の疲労も重なり体調を崩しやすいです。

体調が悪い中、病院探しから始めるとなるとかなりしんどいですよ。

健康なうちに一度受診することでかなり自分の心に余裕が持てます。

風邪をひく前に、自分のホームドクターをどこにするかも含めしっかり考えて準備しておきましょう!

ココに注意

ホームドクター受診には医療費もかかります。ご自分の加入されている保険や負担額も考慮の上、最終的に受診されるかどうかは判断してください。

ホームドクター受診には、まずはかかりつけ医を選びましょう!

コチラでかかりつけ医を選ぶポイントを紹介しています。

家
ドイツでかかりつけ医を選ぶ3つのポイント!駐在家族におすすめの選び方

ホームドクターはいわば家族の家庭医。何かあった時にまず相談するのはかかりつけ医になるので自分との相性もあります。じっくり調べて決めたいですね! 今回は、かかりつけ医を選ぶ時の時の3つのポイントについて ...

続きを見る

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-ドイツ生活情報
-

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ