クリスマス

サンタクロースへのお手紙の送り方|お返事がもらえるドイツの宛先住所のまとめ

サンタにお手紙

sponsored link

クリスマスにドイツからサンタクロースにお手紙送りたい!

子供にとってサンタさんにお手紙を書くのはとてもウキウキしますよね。

しかも、お返事が返ってきたら本当に一生の思い出になるはず!

実はドイツ国内には、サンタさんへお手紙を送る場所が7か所もあるんです!

しかも世界中からお手紙が届くようで、日本からでもAirMailで送ることも可能です!

7か所もあるとどこに送ればいいか迷いますが、今回はその選ぶポイントと住所をまとめてみました。

こんな方におすすめ

  • ドイツからサンタクロースにお手紙を送りたい方
  • どの宛先に手紙を送るかの情報を整理したい方

ドイツのサンタへのお手紙の送り先は7か所

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deutsche Post AG(@deutschepost)がシェアした投稿


ドイツの郵便局Deuchepostのインスタでもクリスマスにドイツ国内でサンタクロースに送ることができる住所を紹介しています。

この7か所のうち送る場所によってお手紙を書く対象が異なります。

  • Weihnachatsmann(サンタクロース)
  • St.Nikolaus(聖ニコラウス)
  • Christkind(幼子キリスト)
この3人何が違うの~?

ってかんじですよね。

ドイツではクリスマスのプレゼントをくれるのが誰なのか家庭によって考え方も様々。
知り合いのドイツ人に聞いても、人によって家庭の背景(宗教・人種)などによっても考え方が違うようでこれという正解は見つけられませんでした。

 

おそらくそんな背景があることを知っているからなのか、自分の好きな宛先に送ることができるのかもしれません。

宛先の選び方

送れる場所が7か所あるので、何を基準に選べばいいか難しいと思いますが、ポイントをまとめたので好きな基準で選んでみてください。

  1. 普段プレゼントをくれると信じている対象別に選ぶ
  2. 返信の時の消印のスタンプで選ぶ
  3. 締め切り日で選ぶ
  4. 所在地の場所で選ぶ

サンタクロース・ニコラウス・クリストキントの誰に送るか

同じ対象でも送る場所によってお返事の消印に違いもあります。

消印のスタンプもかわいいのでスタンプで選ぶのもいいかもしれません

また、お返事を書くときの締め切り日もまちまちなのでぎりぎりの場合は日数や送る先の場所に応じて

宛先を選ぶというのも1つの方法です。

それぞれの詳細を確認してどこにお手紙を送ろうか考えてみてください。

サンタクロースへ送るための宛先

サンタクロース

サンタクロースは3人の中でも一番なじみがありますね。

とにかく日本ならプレゼントを持ってきてくれるのはサンタクロース。

そんなサンタへお手紙を書きたい場合は下記の2か所にお手紙を送りましょう!

ドイツ東部:Himmelpfort

サンタスタンプ

画像引用:Deuchepost

返信時の消印がサンタのスタンプ。

一番わかりやすいスタンプですね。

宛名と住所

An den Weihnachtsmann

Weihnachtspostfilliale

16798 Himmelpfort

Himmelpfortの詳細はこちらのリンクから確認できます。

締め切りは第3アドベントまでとされています。(2020年の第3アドベントは12月13日です。)

ドイツ中部:Himmelsthür

クリスマススタンプ

画像引用:Deuchepost

宛名と住所

An den Weihnachtsmann

Himmelstuhür,31137 Hildesheim

Himmelstuhü̈rの詳細はこちらのリンクから確認できます。

締め切りはクリスマスイブの10日前までと記載されています。

 

 

聖ニコラウスに送るための宛先

ニコラウス

聖ニコラウスの日が12月6日にあり、前日に靴を戸口に置いておくと子供たちにプレゼントを持ってきてくれ日とされています。

 

聖ニコラウスあてにお手紙を書く場合も2か所から選べます。

ドイツ北部:Nikolausdorf

ニコラウススタンプ

画像引用:Deuchepost

Nikolausdorfの2020年は50回目となる記念すべき年でスタンプが新しくなっているようです。

宛名と住所

An den Nikolaus

49681 Nikolausdorf

Nikolausdorfの詳細情報はこちらのリンクから確認できます。

締め切りはクリスマスイブの10日前となっています

 

ドイツ南部:NikolausPlatz

ニコラウススタンプ

画像引用:Deuchepost

同じニコラウスでも、こちらのほうがかわいいスタンプですね。

宛名と住所

An den Nikolaus

Nikolausplatz

66351 St.Nikolaus

Nikolausplatzの消印と詳細はこちらのリンクから確認できます。

締め切りはクリスマスイブの3日前となっています

聖ニコラウスの詳細についてはこちらでまとめています。

ニコラウス
ドイツの聖ニコラウスの日!プレゼントをくれるのはサンタクロースだけじゃないクリスマス文化

ドイツで12月6日は聖ニコラウスの日。 12月5日の夜、子供たちはいい子にしているとニコラウスからプレゼントがもらえる日とあってウキウキしています。 プレゼントを持ってやってくるところがサンタクロース ...

続きを見る

 

クリストキント(イエスの幼子)に送るための宛先

クリストキント

クリストキント(christkind)は幼子イエスのことですが、ドイツでは金髪の女性のイメージで登場します。

クリスマスにツリーの下にそっとクリストキントが来てプレゼントを置いていくという形にしている家庭もあるようです。

クリストキント宛にお手紙を書く場合3か所から選べます。

ドイツ北部:Himmelpfort

クリスマススタンプ

画像引用:Deuchepost

住所

An das Christkind

21709 Himmelpforten

Himmelpfortenの消印と詳細はこちらのリンクから確認できます。

締め切りはクリスマスイブの10日前となっています。

 

ドイツ西部:Engelskirchen

天使のスタンプ

画像引用:Deuchepost

住所

An das Christkind

51777 Engelskirchen

Engelskirchenの詳細はこちらのリンクから確認できます。

締め切りはクリスマスイブの3日前となっています。

 

ドイツ南部:Himmelstadt

スタンプ

画像引用:Deuchepost

住所

An das Christkind

97267 Himmelstadt

Himmelstadtの消印と詳細はこちらのリンクから確認できます。

締め切りはクリスマスイブの10日前となっています。

手紙の送り方

手紙の書き方

手紙の書き方

Abs,はabsender(アップセンダー)差出人

Anは・・・への意味です。

すでに紹介した宛名と住所にはAnも入れて書いてあるので、宛先のところにそのまま記入してもらえれば問題ありません

ドイツからの郵送料金

2020年12月現在の一般的なドイツからドイツへの国内郵便は80セントです。

一般的な手紙の料金:standardbrief

重量:20gまで

封筒の大きさ:最小14×9cm 最大23.5×12.5×0.5cm

最新の情報やstandardを超える場合は郵便局の手紙の料金表で確認できます。

返信は特に返信封筒や返信切手を準備する必要はなさそうです。

ほかのブログなどでも返信の切手などを入れずに手紙を送っただけで返信がきたというものが多くありましたが必ず返信が来るという保証はないので注意していください。

 

郵送の期限

各宛先のページごとに手紙の到着期限がありました。

遅くともクリスマスイブの3日前か10日前までに到着と書かれているものが多いです。

これで本当にクリスマスまでにお返事が来るかどうか心配な部分もあるのでなるべく早めにお手紙を出したほうがいいと思います。

 

 

まとめ

ドイツ国内にこんなにサンタクロースたちにお手紙を送れる場所があるのは、本当に素敵ですね。

必ず返信が来ると保証はできませんが、サイト内でもお返事を書いているとなっているのでトラブルがなければ、ほぼかなりの確率で返信があります。

クリスマスを心待ちにしている子供たちの夢を育ててくれるドイツの郵便局Deuchepost。

7か所もあって選ぶのも迷いますが是非一度お手紙を書いてみてください。

 

デュッセルママのインスタでは普段気になる生活のちょっとしたことをさくっとまとめて投稿しています。

ドイツ生活に関心のあるかたは是非フォローしていただけると嬉しいです。

 

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-クリスマス
-,

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ