ドイツの食べもの・日用品

ドイツは炭酸水だけ?炭酸なしを簡単に見分けるポイント!

水のペットボトル

sponsored link

こんにちは!

ドイツのデュッセルドルフで生活中のこまちです。
今回はインスタのフォロワーさんから、ドイツで水を買うときにいつも間違えて炭酸水を買ってしまっていたというコメントをいただきました。

最初は見つけるのに苦労したのですが、見るべきポイントと炭酸ありなしにかかわるポイントのドイツ語を知っておくと簡単に見分けられます。

今回は、ドイツの水を買うときに炭酸ありかなしかを見分ける時に見分けるポイントを紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • ドイツのスーパーでペットボトルを買うときに炭酸ありかなしか見分けるポイントを知りたい方

 

 

炭酸ありと炭酸なしを見分けるポイント

ペットボトル

ドイツでは炭酸水の方が多く売られています。そして炭酸の有り無しは当然ながらドイツ語で書かれています。
少し見にくいのですが見るポイントさえ押さえておけばすぐにわかるようになります。

パックの1本だけ買いたいときは?

ドイツでは、上の写真のように6パックセットしか置いてないのに1本だけ買いたいときなど包装パックから抜き取って買うことができます。

 

 

1.炭酸ありを見分けるポイント

炭酸ありとなしを見分けるドイツ語は厄介なことに1つではないんです。

炭酸の方が多く置いてあります。下に紹介した単語を見つけたら炭酸ありだとわかっていると区別が簡単になります。

 

炭酸を表すドイツ語

  • sprudel(シュプルーデル)
  • mit kohlensäure(ミット コーレンゾイレ)

炭酸濃度を表すドイツ語

  • Mittel (微炭酸)
  • Midum (微炭酸)
  • classic (高濃度炭酸)
炭酸水は炭酸の単語と濃度を表す単語の2つ記載されていることが多いです。

炭酸水

 

炭酸水にもほぼNatürlichesという自然ナチュラルっぽい字が書いてありますが騙されてはいけません!見るべきポイントはmit kohlensäure(炭酸)と medium(微炭酸)

 

ココがポイント

mit kohlensäure(炭酸)は小さく書いてある場合も多く分かりずらいです。炭酸濃度の medium(微炭酸)やClassic (高濃度炭酸)など炭酸濃度の方がはっきり見やすいので炭酸濃度の単語を見たら炭酸とすぐに見分けられます。

炭酸なしを確認できるポイント

これは炭酸なしとしっかり確認できる単語は下の通りです。

炭酸なし

  • still(シュティル)
  • Natur(ナトゥーア)
  • ohne kohlensäure(オーネコーレンゾイレ)
stillとあったら炭酸なしです。安心して買ってください。

炭酸なしの水

 

Naturが多少変化してますがnaturellも炭酸なしです!

炭酸なしの水

 

 

ラベルやメーカーで判断する

基本炭酸なしのボトルがメインのメーカーなので、メーカーで選ぶというのも1つ

またラベルのどこかに赤ちゃんの絵などが描いてあれば炭酸なしです。

でも私が絶対とは言い切れないので炭酸有り無しのワードを念のためチェックしてください。

炭酸なしが多いメーカー

  • volvic
  • vittel
  • evian

プファンドのチェックをお忘れなく

pfand

ドイツのペットボトルにはpfand(プファンド)というデポジットがかかっているペットボトルがあります。

水のペットボトルはほぼPfandがかかっています。そのままごみとして捨てずスーパーの回収機に返却して事前に支払っていたプファンドを受け取るようにしましょう。

 

 

まとめ

今回は炭酸水有り無しの見分け方についてご紹介しました。

炭酸に関するワードが1つに統一されてないので最初はとても分かりにくいです。

私の経験上mit kohlensäure(炭酸)とohne kohlensäure(炭酸なし)は文中に小さく書いてあることもありそれだけを知っているだけでは本当見つけるのに時間がかかりました。

なので、ほかの炭酸を表す言葉を知っておくと比較的簡単に見分けられます

炭酸濃度を表すドイツ語

  • Mittel (微炭酸)
  • Midum (微炭酸)
  • classic (高濃度炭酸)

炭酸なし

  • still(シュティル)
  • Natur(ナトゥーア)
どうしてもわからず店員さんに炭酸なしの水を聞くならNon gas とかstill wasser(シュティル バッサー)と聞けばわかってくれます。

コツをつかんで炭酸なしのペットボトルを簡単に見つけられるようになってくださいね!

sponsored link

sponsored link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

デュッセルママ

ドイツのデュッセルドルフで5年程生活している駐在妻です。生活の立ち上げ当時はドイツと日本の違いに苦労しました。そんな経験を思い出し自分がドイツに来た時に早く知りたかったことやドイツ生活のはじめの一歩が楽になるような、情報を発信していきたいと思います。

-ドイツの食べもの・日用品

© 2021 デュッセルママのドイツ駐在生活メモ